-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-06-23 (Mon)
のびパパは雑学王だ。

最近、クイズ番組がやたら多いが、
かなりの回答率を誇るのびパパは、
きっと、お笑いコンビのくりー○しちゅーの方や、
体格の良い伊集○さんや、
札束で汗を拭くあの方などとも、
いい勝負だと思う。



こういう雑学って、
 誰かに言いたいために覚えようって思う



と、言うのびパパ。



そう。

みんなが「へ~!」とか「ほぉ~!」と唸っちゃうようなことを
誇らしげに披露したいらしいのだ。





そして・・・


我が家にもうひとり・・・



雑学、うんちくを披露したくてウズウズしている人が・・・





それは、もちろん、のび太。



といっても、こちらの喋りたいのび太は、
雑学、ではなく、
自分の興味のあることだけ、と、
とっても偏りのあるうんちく王ですがね。





こちらの「チビうんちく王」は
歴史、地理、漢字に関しては絶対に絶対に口を出したい!


「小田原城」とテレビから聞こえてきただけで
小田原城に関するうんちくが口からあふれ出てくる。

小田原城に関するうんちくを
知っている限り、喋り尽くすまで口を閉じることはない。

・・・と言っても、残念ながら聞かされている私は
まった~く興味がないので

「へ~・・・ほ~・・・ふぅ~ん・・・」

と、言いつつも、何一つ頭に入ってこないので、
のび太が披露しているうんちくをここにご紹介できないのが
実に残念ではありますが、
年号やら、聞いたことのない武将の名前やらが
次から次へと湧いて出ています・・・はい・・・



以前も記事にしましたが、現在ののび太の将来の夢は

「歴史学者になる」

ことですが、

それにプラスアルファーがつきました。


歴史学者になってテレビのクイズ番組とかで
 説明とか解説とかしたい



・・・だそうで・・・



これって、のびパパが記事の冒頭で話していた、

「誰かに言いたいために覚えようと思う」

という言葉に繋がるのかも。






最近、地震関連のニュースなどで登場する、

「地層に詳しい○○大学○○教授」

「橋の構造に詳しい○○大学○○研究所○○さん」

「活断層に詳しい○○大学○○さん」


みなさん、とても生き生きとお話してくださる。


生放送などでコメントをされていると、
活断層に関するうんちくが次々とあふれ出て、
時間内に話が納まりそうもなく、
司会の方もどうやって話を切り上げようか、と、
ヤキモキしているのがこちらにまで伝わってくるほどだ。

だって、だって、こんな時でもないと、
世間の人たちは地層やら活断層やらに注目しないもん!

こんな注目されているときに喋りたいさ!




そうなのだ。

みなさん、地層オタク、橋の構造オタク、活断層オタクなのだ。

オタクとは、マイナスのイメージがあるようだが、
それは間違いである。

もちろん、ヤバイものに固執して執着してしまうと
マイナスの方へ転がってしまうのだろうが、
こういうひとつのことを突き詰めて研究している
プラスオタク達のおかげで
世の中のいろいろなものが解明され、
新しいものが発見され、
そして私達の生活が進化していくのだ。

そして、いつも思うのだが、
こういう学者、研究者にはASっぽい方が多い気がする。

ということは、新しいものを見つけ時代を切り開くのは
ASである、といっても過言ではない。









そして、のび太には感心させられることがある。

うんちく王は一日にして成らず・・・

のび太うんちく王は、知らないこと、忘れたことを、
決してそのままにはしておかない。


例えば、

「南アフリカの首都って確か3箇所あったよね?
 ヨハネスブルクとプレトリアと、もうひとつなんだっけ?」

(これはのび太の持っている「オデッセイ」という喋る地球儀の情報と、
のび太所有の地図帳の情報です。
正確には現在の首都はプレトリアのみ(05年ツゥァネと改名?)
と言われています)


こういうときに、私は、

「思い出せないね~なんだったっけね~ま、いいや!」

で、終わってしまうのですが、
のび太は絶対に調べます。

「ちょっと待ってて。今調べてくる!」




「ケープタウンだった!あ~スッキリした!」






知らないことを知らないままにはしておかない!

知らないままにしておいて、
知らない状態で他の誰かに聞かれたら、
うんちくを喋れないじゃないか!



これこそが「うんちく王」なのだ!




プラスオタク、うんちく王、雑学王・・・


みんなみんな、誰かに喋りたいのだ!




のび太はこうして「うんちく王」への道を
日々、歩んでいるのだ。














スポンサーサイト
| のび太の自慢 | コメント(8) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。