-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-06-13 (Fri)
復活いたしました。

まだ100%ではありませんが、大丈夫です。



心と体はつながっている・・・

と、よく言いますが、本当ですね。




ところで、私は幼い頃からの訓練の賜物で、
精神的にかなりダウンしていても、
そんなそぶりを見せないで振舞えるのだ。

だから体調が悪いのは、さすがに隠せないのだが、
精神的に参っていることはそう簡単には誰にも悟られない。

(まあ、あまりいいことではないのだが・・・)



しかし、誰しも体調が悪いと気持ちも弱くなりがち。

すべてがマイナスの考えに傾いてしまう。



「ロックのお散歩に行けなかった。かわいそう。
 ワンコの唯一のお楽しみすら、してあげられなかった。」


とか、

「隣に家が建ったら午後は日が当たらなくなっちゃう。 
 こんなことになるんだったらリビングを2階にすればよかった」


とか、

「夕ご飯、作れなくてごめんね~そうめんでもいいかな~
 のび太とお父さん、これじゃ足りないでしょ?」


とか、



いつもだったら

「えへへ~ごめ~ん

とか、

「ちぇっ!ま、いっか!」

とかで済むことが気持ちの中で許せなくなってしまう。




しかし、世の中うまく出来ている。

すべてがプラスマイナスゼロなのだ。

私がこんな風に考えていても、我が家の男どもは能天気&ポジティブなのだ。




「今日は暑すぎて、お散歩はロックだって迷惑ジャン?
 たまには休みもある、ってことを、
 経験させるいいきっかけだったんじゃない?」



「うちの西側に家が建てば西日が遮られて真夏はありがたいよ。
 隣の家は我が家に遮られて朝日が入らないんだよ。
 うちは朝日をたっぷり浴びていい気持ちじゃないの?」



「やった~!そうめんだ~!
 こんな暑い日はそうめんだよね!
 給食でご飯食べたから、そうめんでも大丈夫だよ!」





言われてみれば、

「おお!そうかぁ~!そうだね~」


と、思える納得のいくポジティブシンキングなのだ。

決して励まそう、とか、無理に心配させないように、とか、
そういうぎこちなさがない、

うちの旦那ものび太も、根っからのポジティブ人間なのだ。


どんなに私がネガティブに考えても、

ネガティブ 1人 VS ポジティブ2人

で、我が家はポジティブな方に落ち着くことになっているのだ。



さて、そんなポジティブ人間2号の、のび太。

あれほど、行事とかのたびにパニクっていたのび太が、

「今日は楽しいぃ~社会科見学ぅ~♪
 そしてぇ~公園でぇ~お弁当食べるんだぁ~♪」

と、鼻歌歌いながらウキウキと出かけた。



のび太は自分で苦手や心配を克服してきた。
もちろん、たくさんの人たちの配慮のおかげもあったけど
のび太の生きる力は、やっぱり素晴らしいのだ。



のび太には、最近、教わってばかりだな~


のび太のちょっと癖のあるスキップで揺れるリュックを見つつ、
母は思うのでした。









スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(7) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。