-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-26 (Mon)
5月25日、のび太、10歳のお誕生日、おめでとう。

のび太と出会ってからもう、10年も経ったんだね。


この10年、本当にすべてが私にとってしあわせだった。

のび太がいる、それだけで何もかもがしあわせだった。




のび太と出会えたことで、
私も自分自身を見つめるきっかけになり、
より「生きている」実感がはっきりとした10年でもありました。



のび太はいつも、周りの人に笑顔を振りまいていたね。

パニックだらけだったはずの、幼い頃を思い出しても、
号泣しているのび太の顔が思い浮かばないんだよね。

あれだけパニック大王だったはずなのに、
どうしてだろう。

思い出すのはニコニコして満面の笑顔ののび太ばっかり。



のび太は「優しいお友達が好き」といつも言いますね。

そして本当にいつも仲良くなるのは、
決して意地悪をしない、乱暴なことをしない、
心優しい暖かい男の子ばかり。

それはきっとのび太自身が、
決して意地悪をしない、乱暴なことをしない、
心優しい子だから、
そういうお友達とひかれあうのだと思います。



悔しいことも悲しいこともたくさんあるかもしれないけど、
のび太は今のままで大丈夫です。

好きなことにとことん熱中できる凄まじいほどの集中力と
曲がったことを許さない正義感と、
心優しい気持ち。

今のままの自分自身に自信を持って生きてください。


私にはない素晴らしいものをたくさん持っているのび太。

私は自分の息子であるはずののび太に、
本当にいろんなことを教わる毎日です。



自分自身の「生きていく力」は目に見えないし、
常に実感できるものではないかもしれないけど・・・

大丈夫。




のび太は今のままでいいんだよ。




そして、辛いときはいつでも、

お父さんとお母さんがのび太の気持ちの隣にいます。

いつでも、ここにいるから、ね。
スポンサーサイト
| 母からのび太への想い | コメント(27) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。