-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-08 (Thu)
のび太と夕飯の時、ニュースを見ながら食べる。

父親が1歳にもならない自分の子供を殺した、という
ニュースが流れていた。

「ひどいよ~お父さんなのに。
 泣いてうるさいから殺すなんて。
 赤ちゃんって普通、泣くものだよね。
 お父さんだったらうるさいからってそんなことしないよね、普通。」



「普通」という言葉を最近、やたらと使うのび太。



「今日、学校、どうだった?」
   (こういう質問も子供にしてみりゃどう答えたらいいか・・・ 
    って事だと思うけどね・・・汗)

「・・・普通・・・」




ま、ニュースを見たときの「普通」と
今日の学校の様子の「普通」と
ニュアンスは違うだろうけどね。





のび太が明らかにほかの子と成長の仕方が違っている、
と思ったとき、

普通にしゃべって、普通に何でもできるようになって欲しい」

なんて思った。




そのくせ、今、学校の様子を先生に聞いて、

「大丈夫ですよ。のび太さんは普通に生活できています。
ほかの子と変わりませんよ。普通です。」

なんて言われるとカチンとくる。

「のび太が普通だったら自閉症なんて診断されるわけないじゃん!
 どれだけ頑張ってほかの子にあわせて生きていると思ってるの?!
 簡単にほかの子と一緒にしないで!」

なんて心の中で激怒する。


普通になって欲しい、と思っていた私。

でも、他人から「普通ですよ」って言われるとムカつく私。





「普通」って、なんだ?!








手元にあった辞書を引いてみた。


「普通」・・・①どこにでも・(いつでも)あって、めずらしくないこと。
       ②別に変わったところがないこと。たいてい。




上の会話の「普通」の部分を置き換えてみました。




「今日、学校、どうだった?」

「めずらしいことはなかったよ」





「大丈夫ですよ。
のび太さんは別に変わった事もなく生活できています。
ほかの子と変わりませんよ。珍しくないです。」



・・・・・余計に、ムカつく。







ちょっとした独り言でした。











スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(8) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。