-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-04-14 (Mon)
「1年生ののび太」シリーズ、長くなっています。

①~④までを読んでからこちらを読んでくださいね。





S先生の秘策・・・

それは、放課後の個人指導。

情緒の通級もなく、
かといってそれに替わるフォローシステムも何もない。

「だったら、私がやります!」と、S先生は週1回、放課後、
のび太にソーシャルスキルトレーニング(のようなこと)を、
してくださると言って下さったのだ。

これは後から知ったのだが、S先生は、
小学校教員課程を取得後、再び大学に編入し、
養護学校教諭の資格も取得していた先生だったのだ!

・・・・・う~ん・・・・・さすが・・・・・!

というか、のび太にとって「あたり」の先生だったのだ。



で、「お母さんの方からのび太さんに、
放課後指導のことを伝えていただいて、
その後、私の方で改めてのび太さんにお話します」

・・・とのことで、のび太に伝えてみました。

すると、のび太・・・

「え?居残りってこと?」

と、ちょっと拒否反応・・・

ヤバイ!やっちゃった?!私!

「いや、違うんだよ~S先生がのび太といろんなお話をしたいんだって」




あ・・・後はS先生にフォローをお願いして・・・汗汗汗・・・



で、S先生のフォローで、
「のび太くんの好きなことをして放課後、先生とお話しをしよう」
ということで、のび太はOK出しました。

・・・というか、S先生としては、
絵本などを読んだりしながら、そこから人とのやり取りなど、
コミュニケーションの仕方や関わり方など、
ソーシャルスキルトレーニングっぽい方向へ
行きたかったらしいのですが、

のび太は、

「じゃあ、ボク、世界地図と6年生の算数を先生とやる!」

と、張り切っちゃって・・・。


ま、そんな中でもS先生は、

「のび太くんは知識欲が旺盛ですから、
のび太くんの好きな勉強をしながら、
STっぽいことも何気なく取り入れたり、
お友達とのやり取りのこととかも話しながらやっています。
とにかく、学校では先生にもっと甘えてもいいし、
勉強のことだけじゃなく、何でもお話していいということや、
もっと学校を楽しんでいいんだよ、ということを、
実際に体験して理解して欲しいと思っています。」

と、おっしゃってくださいました。

実際に先生と「ドラえ○ん」の話や、
当時聞いていたFMの番組を先生も聞いていた話など、
軽い話でも盛り上がったらしい。

また、その日に書いたノートをほかの先生に見せて、
「よく出来ましたシール」やハンコをいただいて、
職員室中の先生方に誉めていただいたりしていたのだ。

これは、本当に自己評価を下げまくっていたのび太にとって
自信を取り戻していく何よりの時間でもあったのだ。


それでも、まだまだパニくることも
職員室に駆け込むことも何度もあったけど、
「学校は楽しいところ」
「リラックスするときがあってもいいんだ」
ということを、少しずつ体感していったのび太でした。



しかし・・・

しかしだ!


世の中は甘くない!


再びのび太に(ワタシに?)試練は訪れるのだ・・・!









スポンサーサイト
| 特別支援・資料関係 | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。