-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-11-24 (Fri)
のび太が2~3歳頃。

○○レンジャーの戦隊シリーズが「何10周年?」とかで、歴代の戦隊キャラクターのカードがおまけのウエハースチョコがあったのですが・・・

のび太、大好きでした{/face_yaho/}

ちょうど、「ガオレンジャー」の時ではじめてヒーロー物にはまったらしく、また、大好きなチョコレート{/hearts_red/}
値段も60円くらいで、親としても、
「ま、いっか・・・」と許せる金額でした{/hand_goo/}

しかし・・・

1回、2回、と買ってるうちに、大きな「こだわり」に変身してしまいました{/kaeru_shock1/}

スーパーでは必ず、買う。
とても人気の商品だったらしく、品切れ、ってことがたまにあると、パニック{/roket/}

それまでも、訳の分からないパニックで、買い物かごに商品を入れたまま、通路に置きっぱなしでのび太を抱えて帰ったことが何度もあった私ですが、この「戦隊チョコ」のこだわりのせいで、パニックで連れ帰ろうとすることができなくなりました。
チョコを手にするまでは、スーパーを出ない{/ee_2/}という、パニックらしいのです・・・


まあ、売り切れって数回だったので、いいんですが{/face_gaan/}


チョコを手にしても、必ず、レジでパニクる{/roket/}

子供が手にお菓子を持ってると、レジのおばちゃんが、「レジを通しました」の印にお店のテープ貼ってくれますよね?

どうも、それが問題らしい・・・


どうやら、貼ってもらったテープを、パニクりながら自分ではがし、張り直してる{/kirakira/}


場所か{/ee_2/}貼る場所にこだわりがあるんだ{/ee_2/}

自分でうまくはがせなくて、ぐちゃぐちゃになり、さらにパニック{/roket/}

で、見てみると・・・

ははーん{/kirakira/}バーコードに貼りたいらしい。



で、「今度こそ、泣かずにレジを通れる{/choki/}」と、思った私は、レジのおばちゃんに


「すみません、バーコードにテープ、貼って欲しいみたいなので、お願いします」

私は、のび太を連れてスーパーに行くとき、○○スーパーはこの人のレジ、△△スーパーはこの人のレジ、と、決めていた。

だいたい、この、パニクリのび太を連れていると、優しく声をかけてなだめてくれる人が一人くらいいる。
毎回、その人に会えばおばちゃんも、インパクトのあるのび太を覚えてくれるし、私も、解ってくれる人の方がいいに決まってる。

あるスーパーで、のび太が大泣きしてテープをはがしたら
「テープを付けてないお菓子は手に持っちゃダメですよ{/face_ang/}」
と、鉄仮面のような厚化粧のおばちゃんに、のび太の持ってるお菓子を取られ、袋に入れられ、ひっくり返って泣かされた事がある・・・


だから、私はどんなに鉄仮面のレジが空いていても、長蛇の優しいおばちゃんのレジに並んだ{/heartss_pink/}


その、すっかり顔なじみの優しいおばちゃんも、

「あ~!そうだったの!バーコードね~」

と、バーコードにテープを貼ってくれた。

私もおばちゃんも、安心してテープをペタ{/good/}


しかし{/ee_2/}やっぱりパニック{/roket/}

「あれ~?すみません{/ase/}やっぱり違うんだ・・・」
と、うろたえる私・・・

何度かのび太とおばちゃんのテープとの攻防が繰り広げられたが、何が気に入らないのか、解らない。


当時、のび太は、オオム返しと、テレビやビデオのセリフの独り言と、基本の挨拶くらいしか話せなかったので、おばちゃんも「この子は普通の子じゃないな」って思ったのかもしれないが、おばちゃんなりに、考えてくれたりして、嬉しかった{/onpu/}

「テープ、自分で貼りたいのかもしれないから、手に貼ってあげるね?」
と、おばちゃんが手に、貼ってくれた・・・

おお!そうか!さすが、おばちゃん{/hearts_pink/}

が{/ee_2/}やっぱりちがう{/ee_2/}大泣きだ{/face_naki/}


せっかく、いろいろよくしてくれるのにごめんなさい、おばちゃん{/face_hekomu/}


大泣きしながら、テープをはがすのび太。


・・・・よく見ると、ものすごく丁寧にバーコードの上にキッチリ貼っている・・・


そうか{/ee_2/}おばちゃんは、なにげに貼るからキッチリ貼ることはない。
斜めになるのが普通だ。

のび太は「バーコードの上にまっすぐキッチリ、おばちゃんに貼って欲しかったんだ」


そうか~{/ee_2/}


それからというもの、優しいおばちゃんは、どんなに混んでても、のび太のお菓子には、「まっすぐキッチリ」テープを貼ってくれました{/3hearts/}

おばちゃん、ほんとにありがとうです{/face_en/}


今も、時々のび太を連れて買い物に行くと
「大きくなったね~」などと、声をかけてくれるおばちゃん{/face_suki/}


こんな、人たちに支えられて、のび太も私も今があるのね・・・{/heart/}

冷や汗と、優しいおばちゃんの思い出です{/fuki_suki/}
スポンサーサイト
| 幼児期ののび太 | コメント(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。