-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-03-26 (Wed)
麻呂眉・・・

そう。平安時代の流行だったそうな・・・。


あれは、平安貴族たちの流行で、みんなあの眉にしていたらしい。






高校野球のニュースを見ていた。

今の高校球児は頭はボーズでも、おしゃれしてる。

ちょっと、もみ上げ部分も残しつつのボーズだったりするし、
ほとんどみんな、マユゲを整えている。

げじげじマユゲの高校生なんて、最近、見たことない。

「のび太も高校生とかになったら、
 腰でパンツ(ズボン)はいたり、マユゲ整えたりするのかな~」

なぁ~んて、旦那と話していた。



いつの時代も流行りというものは、大人に否定され、非難される。

だけど、非難する大人だって、自分が若いときは、
ちょっと変な流行に流されているのだ。

私たちの(中学~高校)ときは、誰もがみな、
女子はセイコちゃんカット、男子はチェッカーズカットだった。

男子の学生服はタックがいっぱい入っただぶだぶのズボンで、
今思えば、チョーカッチョ悪いのだ。

女子の制服は上着の丈を自分で短くまつって、
スカートは足首が見えるか見えないかくらいに長くした。

変だ。

だけど、流行の真っ只中にいると、それが一番素敵に思えるのだ。



きっと、今、マユゲを細く「へ」の字に整えてるのも、
ハンケツ状態でズボンをはくのも、
女の子が前髪にデッカイヘアピンを意味もなくくっつけるのも、
20年後には自分の写真を見て、
ゲラゲラ笑っちゃうのだ。

だけど今、それをやらなきゃ気がすまない。

若さと流行は、そんなもんだ。










ふと、のび太の顔を見たら・・・



あれ?


なんか、違う?




何が違うのかな~?






マユゲが・・・ちょっと、ない!





麻呂だ~!

麻呂マユゲだ~!!!




「の、の、のび太!マユゲ・・・
 ど、ど、どうしたの?!」


「ちょっと、切ってみた。」

「(大爆笑~~~!!!!!)」

「やっぱり、変だよね・・・」

「ひ~ひ~ひ~(笑いが止まらない)
 いやぁ~・・・ひ~!
 お父さんとお母さんが話していたから、
 やってみたくなったんでしょ~?
 そりゃ~カッコよくはないよ~ひ~ひ~ひ~・・・」

「あ~どうしよ~・・・変だよね~」

「やるならさ、ひとこと、お母さんに相談してくれれば、
 カッコよくやってあげたのに~!」
(私は元々、すごい『薄眉』で困っていたので、
 マユゲの手入れに関しては、かなり年季が入っていて、技も多数ある!)

「あ~やらなきゃよかった・・・」

「気持ちはわかるけど、何でもむやみにやって、
 ちゃんとできるわけないんだよ。それにさ~、
 『自分や人にハサミや刃物をむやみに向けてはいけません』 
 って、言われたでしょ?」


そう。

のび太は今までも、数々のとんでもないことを、
しでかしているのだ。

学校でハサミでトレーナーを切ってきたり(詳しくはこちら

学校で前髪を凸型に切ってきたり(詳しくはこちら


ブログの私のプロフィールに「思いつきで行動する」って書いてるけど、
そっくり、のび太に遺伝しているらしい。



・・・で、今、こんな状態・・・
maro.jpg
 
携帯画像なのでわかりづらいし、2,3日たったので、
ちょっと生えてきてます。

ちなみに、定規を持っているのですが、
これは「麻呂殿」だから「しゃく」を持っているらしいです・・・汗・・・。





あ・・・本人の希望により、
外に出かけるときは、私がマユゲを書いてあげています。



のび太は今、平安時代の流行に乗っている・・・
スポンサーサイト
| おもしろのび太 | コメント(12) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。