-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-03-07 (Fri)
~私が「自閉症ののび太」と初めて向き合った出来事です。
今まで書くのをためらっていましたが、
真剣に「自閉症であるのび太」と
生きていくことを決意したきっかけの出来事だと思うので、
記録として残すことにしました。~



のび太がアスペルガーと診断されたばかりだったから、
年中になったばかりの頃だと思う。

ふたりでおやつタイム!

しかし、ビスケット2枚とチョコ3個しかなかった。

のび太は全部、自分のもの、と思い込んでいる。

「のび太、お母さんおやつないよ。
 ビスケット、一個、お母さんにちょうだい!」
(大人げない・・・)

「これ、のび太のおやつだよ」

「だって、お母さんはおやつ何にもないよ。
 チョコ3個もあるんだし、ビスケットひとつだけちょうだいね!」
(大人げない・・・)

・・・と、のび太の皿からビスケット1枚、取って食べた。
(大人げない・・・)



涙目でグズグズしだしたのび太。

「のび太のビスケットがひとつになった・・・」

・・・などと、恨みがましい表情で、ぐずるのび太。

あまりにもしつこいので、

「うるさ~い!こんなビスケットいらない!
 もう、のび太と一緒におやつなんて食べない!」

と、食べかけのビスケットをのび太のさらに投げつけた。
(本当に大人げない・・・)


そこで、のび太は、

「やった~!」

と言って、おやつを食べ始めた。



のび太はこの数ヶ月前にアスペルガーと診断されているのだ。

おまけに幼稚園年中の幼子。

かわいい一人息子。


しかし、その反面、アスペルガーとはこういうものか、と、
「人との心の交流ができにくい」とはこういうものか、と、
初めて目の前に突きつけられたように感じた。



大人げない母は、カ~~~!っと頭に血が上った。

「のび太はお母さんからムリヤリ
 ひとつしかないおやつを奪い取って、
 自分だけおやつを食べて、いい気持ちなの?!」

この問いに、

「いい気持ち・・・」

と、答えたのび太。


冷静に、今、考えれば、オオム返しだったかもしれない。

でも、本当にうれしくていい気持ちだったかもしれない。

だとしても、のび太はアスペルガーと診断されたばかりの
4歳の子供だ。

「いい気持ち・・・」と答えても、仕方がないのだ。



しかし再び、アスペルガーとはこういうものか、と、
「人との心の交流ができにくい」とはこういうものか、と、
さらに目の前に突きつけられたように感じた。


そして、このときの私は鬼母だったのだ。

思わず、手が出た。

後にも先にも、のび太を叩いたのはこのときだけだが、
診断されたばかりのダメ母の不安定な気持ちは、
どうにも収まらなかった。

いくらウダウダ説明しても、この時点ののび太には、
何も理解できるはずないのに、
私は自分の怒りと悲しみとやるせなさを、
言葉にして怒りまくった。

のび太におやつがなくて、お母さんだけ食べたら、
どう思うのか、
お友達にそんなことをしたら、嫌われること、
お母さんはのび太がそんな子になって欲しくないこと・・・・・。

頭の中では、この子に障害があるからこそ、
自分が人との関わり方を教えなければ、
のび太は一生、人の心もわからないまま育つかもしれない、
本気で、のび太のことを思っているからこそ、
本気で怒っているんだ、
私は母親として、こういう事を教え続けていかなければいけないんだ・・・

・・・と言うようなことを、グルグルグルグル、考えながら、
号泣しながら、叫んでいた。

のび太も、ただならぬ母の様子に号泣していた。

そして、今にも気を失いそうなうつろな目で、
震えていたのを覚えている。



・・・ああ・・・もう、絶対に、のび太に手を上げたり、
頭ごなしに叱りつけてはいけないんだ・・・。

こういう叱り方を続けていたら、
のび太はきっと、心が粉々にくだけてしまう・・・。


「ごめんなさい~!のび太!
 痛くしてごめんね~~~」

号泣して抱きしめた。

「ごめんなさい~~~~~!
 痛くしてごめんなさい~~~!」

オオム返しだったかもしれないけど、これでいいのだ。

ずーっと、ムギューっと抱きしめてた。

二人とも、泣きはらしてものすごく顔がむくんでいた。

むくんだ顔で、ビスケットを半分にしてくれた、のび太。



自閉症の心の難しさを改めて始めて知った出来事でした。

そして、このときから、
私は自分の中にある自閉的な部分にも気づき始めたのでした。

・・・そのことについては、またの機会に・・・
スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。