-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-03-03 (Mon)
元々のび太の「ことばの遅れ」から障害を疑った私。

あの頃もしゃべってはいた。
でも、テレビやビデオのセリフの真似やオオム返しのみ。
「会話」ではなかった。

始めは「アスペルガー」と診断されたものの、
「言葉の遅れ」が顕著、ということでその後、
「高機能自閉症」「広汎性発達障害」などと診断が付いた。

なんとか会話らしくなってきても、
「どうしたの?」という問いに、
うまく説明して答える事はできなかった。

今でもそうだ。

何かあって説明したくても、

「あ~~~!なんて言ったらいいかわかんないよ~~~!」

と、パニックになる。



宿題を添削していても、
「~は、どういうことですか?」などの、
説明文を答えさせられるような問題は苦手だ。

答えは判っていても、
私が読んでも 正直、何を書いているのか、何を言いたいのか、
判らない文章を書いている。

年に一度「学習度到達テスト」というものがあるのだが、
その診断コメントにも

「国語・・・『効果的に書くこと』『自分の考えを明確にして書くこと』
 『分の構成を考え工夫し書くこと』を頑張りましょう」

・・・という、評価だった・・・。
(ちなみに算数は97点で問題なし)



先日、ニュースを見ていたら、

「高架橋の下での冬の事故、多発」とあった。

「のび太、高架橋の下で車のスリップ事故が多いんだって。
 のび太が理科で習っていることが理由だよ。
 理科の問題に「どうして高架橋の下はスリップ事故が多いのですか?」
 って出たらなんて答える?」

「あ~!うんうん!
 え~っと・・・・・・・え~~~~~~!!!
 判ってるんだけど、なんて答えたら言いか、わかんないよぉ~~~!」

「ゆっくり考えてごらん!
 どうしてスリップすると思う?」

「道路が凍ってるから。」

「そう!じゃあ、どうして高架橋の下が
 凍ってるんだろう?」

「あ、あ、あ、ほら!
 トンネルみたいになってるから、太陽が当たらないから!」

「そうそう!
 太陽が当たらないとどうして凍りやすいの?
 それに溶けにくいんだよね」

「あ!太陽が当たらないから気温が低いままだから」

「そう!
 じゃあ、『答え』の欄になんて書く?」

「えっと・・・高架橋の下は太陽が当たらなくて温度が低くて、
 凍りやすいし溶けにくいから!」

「ピンポ~ン!」



文字にすると、スムーズな会話に感じますが、
実際は答えに到達するまでかなり時間もかかるし、
どもったり、変な言葉遣いしてたりで、
たどたどしいやり取りが続いて、
やっと、答えにたどり着いています。


でも、「苦手意識克服」のために、
普段の生活で、楽しく練習できればいいかな~?

でもね・・・

これって、親の私の気持ちの余裕があるときじゃないと
できないんですよね・・・


うまく言葉をまとめて説明する・・・って、ほんと、難しい。

難なく、すらすらと饒舌にしゃべるのび太の同級生って、
本当にスゲー!!!

・・・なんて、心の中で感心してしまう私。


何かいい方法、ないかなぁ~・・・

スポンサーサイト
| 我が家の自閉症サポート | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。