-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-02-28 (Thu)
ある日、学校から帰ったのび太が、
缶コーヒーの空き缶を持ってきた。

「これ、拾ってきた。」

我が家の近くに自動販売機がたくさん並ぶお店がある。

その店の前を通って帰ってくるのび太の足元に
落ちていた(あった)空き缶。

「空き缶はリサイクルに
 出さなくちゃいけないんだよ!
 それなのにさ、捨てていくなんてダメなんだよ」


ごもっとも・・・。


以前ものびパパとロック(愛犬)の散歩に出かけたときに、
ドロドロの空き缶を持ち帰ったのび太。

その時も・・・

「空き缶はリサイクルに
 出さなくちゃいけないんだよ!
 それなのにさ、捨てていくなんてダメなんだよ」

・・・って力説していた。



今、のび太はリサイクルマークが気になって仕方がない。

たまにスーパーやコンビニに行くと、ドリンクコーナーで
リサイクルマークや「アルミ」「スチール」などのマークを
チェックして回るのだ。

「どうしてビールはみんなアルミで、
 コーヒーはみんなスチールなんだろう?」

などと言う「なるほど」な疑問も持つほど、
気になって仕方がないらしい。

(コーヒーは温めることもあるため、
強度のあるスチール、
ビールもちゃんとした理由があるらしい)



ある日、キッチンの収納の扉を開けて、
なにやらゴソゴソしていたのび太。

ここに缶やトレイのごみを分別している箱がある。

「お母さん!アルミとスチール、一緒に入ってるよ!」

「え?あ~いいの。
 のび太市では、アルミとスチールを一緒にして収集するんだよ」

「え~!信じられないよ~」



自閉症の子は、決められたことはきちんとしなければ気がすまない、
正義感の持ち主であることが多い。




またある日、冷蔵庫脇のプラスチックごみ箱をあさっていた。

「ちょっと!何してるの?!」

「この前、間違ってケーキのアルミホイルを
 プラごみに入れちゃったような気がしてさ~・・・
 探してるんだけど・・・」



・・・・・・・・・。



「ケーキ食べた後、ごみに出したから、
 間違ったとしてもそこにはもうないよ」

「えええ~!どうしよう!!」

「大丈夫だってば。
 ちゃんとチェックして、リサイクルするんだからね。
 人間って、誰でも間違うことはあるんだよ。
 だから、もう一度リサイクルするときにちゃんと
 チェックされることになっているんだから。」

「そうなんだ~よかった~
 でも、やっぱり間違えたのが気になって
 仕方がないんだよね」



とてもいいこと。

いいことなんだけど・・・

あまり縛られすぎて気にしすぎるのもね・・・



ほどほど・・・で、いいんじゃないかな~・・・

この匙加減が親としても難しいところです。



スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。