-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-02-18 (Mon)
~今日の記事は前々回の記事の続編です。
 始めにそちらの記事をお読みくださいね。~


のび太の連絡帳の字が乱雑なことを、
やんわり遠まわしに、

「のび太さん、字をもうちょっと・・・」

と、指摘したものの、
自閉症ののび太には「・・・」に含まれる意味が理解できず、

「のび太さん、字をもうちょっと・・・」

・・・の、隣に再びかなり乱れた字を書いたのび太。


家に帰って私との会話でやっと
先生の言わんとしていることを理解できたのび太。



さてさて・・・

「のび太さん、字をもうちょっと・・・」

と注意したにもかかわらず、隣に乱れた字を書いたため、
先生もあきれたのでしょう。


きちゃない字で宿題が書いてある隣に・・・

「字はこれでいいんですか!!!」

と、筆圧も強めに書いてあり、
先生の苛立ちがうかがえる文章・・・。


ああ・・・


まったく・・・・・・・



これは私が間に入らないといつまでも、

「乱雑なのび太の字」と、
「あいまいで遠まわしなお叱り」・・・の、
ボケと突っ込みみたいなやりとりが
永遠に続くのだろうか・・・?!



・・・・で、お手紙を書きました・・・・。



あんたさ~2年間、アタシ、ず~っとお願いして、
言い続けてたじゃないの?!
のび太への支援について、教育委員会のK先生も交えて
話し合ったときも、
「文字でストレートに示して」ってお願いしたよね?!
どうして分かってくれないのよっ!!!




・・・・・という本心は押し殺して・・・・・




「いつもお世話になっております。
 連絡帳の字のことですが、注意していただき、
 ありがとうございます。
 家での宿題の文字も乱雑で、親が注意しても、
 なかなか丁寧に書くことが出来ずにおりましたので、
 先生からご指摘いただいて、
 良かったと思っております。

 始めに注意していただいた文章で、
 のび太は理解できず、
 注意していただいたにもかかわらず、
 変わりなく乱雑な文字を書いていたようです。
 私との会話でやっと、意味を解したようでした。

 のび太は障害の特性もあって、
 遠まわしであいまいな言い回しは理解しにくいようです。
 やんわりと注意してくださった配慮はありがたいのですが、
 のび太にははっきり「~しなさい」「~すること」などと
 言ってくださった方が理解できるようです。
 「当たり前に分かること」とこちらが思っていても
 分からない、アンバランスな成長が障害の特性です。
 その辺、ご理解いただければ幸いです。

 今後もお手数をおかけすると思いますが、
 ご指導のほど、よろしくお願いいたします。」 

 


「特別支援は『ありがとう』から・・・」

いつも気にかけてくださる配慮と、
乱雑な字を注意してくださったことに
感謝の意を込めて・・・。



我慢我慢・・・・・。


親もこうして成長していかねばならんのだ。





以下、追記です。 * * * (17:05、追記です)

KP先生から連絡帳にお返事がありました。

「教えていただいてありがとうございます。
 読み返してみると、確かに漠然としていて、
 のび太さんに対してでなくても、
 あいまいな表現であったと感じています。

 今後も何かありましたら、ご指摘いただけると、
 大変ありがたいです。
 ありがとうございました。」


「特別支援は『ありがとう』から・・・」


支援する方も、支援していただく方も、
「ありがとう」でお互いに気持ちよくかかわりあえる・・・。



またひとつ、勉強しました。
スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。