-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-11-20 (Mon)
のび太は、好き嫌いが多い。(詳細は10月20日の記事、参照)

「食わず嫌い」が多いのだ。
そして、やっぱり「いつもと同じ」味でないと、食べられない{/face_keibetsu/}

「こだわり」のひとつだし、私個人の感覚としては、「体育が苦手」と「給食が苦手」は、同じような物ではないか・・・と、考えている。

だから、のび太にも、たとえば、嫌いなピーマンは一切れだけ頑張って食べてみて、イヤなら残してもいい、一切れ食べる努力をしたね~えらいね~と、言うことで、しつけてきた。

ホントに、のび太は敏感なのだ。レトルトのカレーは「なんか、薬のにおいがする」と食べられない(母は手抜きができない{/face_gaan/})
スパイスや香辛料もほんのちょっぴり入れても、「辛いからイヤ」と言うことも・・・
でも、療育で一緒だったお友達は、ほとんどの食べ物が、メーカーまでこだわりがあるらしく、お料理体験でサンドイッチ作るときも、○○社のマーガリンしか食べられない~とパニくった子もいました{/ase/}

とにかく、この手の子たちは、口の中も敏感で独特な感覚があるらしい。
のび太がお寿司や刺身が好きなのは、いつでもどこでも、しょうゆ味だから・・・ではないか?と、思っています。

・・・それで、給食ですが・・・
最近、何度か頑張って完食してるのび太{/good/}
でも、どうしても食べられないものもあります。

「今日、給食残したから、給食の片づけをしなきゃいけなくなって、昼休み、遊べなかった」
「給食食べるのが遅くなったからでしょ?」
「残した人の罰ゲームだって」


・・・給食残して、罰ゲーム{/eq_2/}


わがままで食べないなら分かるけど、どうしても食べられなくて罰、って・・・{/eq_2/}

たとえば、「体育がイヤでサボった」→罰・・・理解できる。
「体育で飛び箱がどうしてもできない」→罰・・・あり得ない。

じゃあ、「給食がイヤで一口も食べない」→罰・・・まあ、あるかも。
「給食でどうしてもピーマンが食べられない」→罰・・・{/eq_2/}


別に、のび太みたいな子じゃなくても、給食を残したから罰やペナルティーがある、ってどうなんでしょうか?

私も小学生の時、好き嫌いはなかったけど、食べるのが遅かった。
そういう子は、自分で自分の分を給食室に片づけていた。でも、それは自分の分だし、罰ではない。


でも、苦手な食べ物がある、っていうことは、学校で罰を受けるようなことなのかな~{/face_hekomu/}

・・・私の考えが甘いでしょうか?

スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。