-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-29 (Thu)
夕べ、突然、のび太が言った。

「学校の保健室の前にポスターが張ってあったんだ。
 30年間、タバコを吸った人の肺と、
 タバコを吸わない人の肺の写真があったんだ。
 タバコを吸ってる人の肺は、真っ黒だったんだよ。
 僕、お父さんの肺があんなになってると思うと、
 悲しくなって・・・うっうっうっうっ・・・」

泣いた・・・・・。



のびパパはタバコを吸う。

・・・と言ってもヘビースモーカーではない。

私は元々「煙関係」が大嫌いなのだ。

田舎なので条例で「野焼き禁止」と言われていても、
田んぼの隅っこで野焼きをする、のび太地方。

外に干している洗濯物に煙のニオイがつくと、
洗いなおすのだ。

中古CDなんか買うと、前にCDを所有していた人が
タバコを吸う人かどうか、CDの匂いでわかるほどだ。

こんな風に私がタバコの煙が大嫌いなので、
家ではキッチンの換気扇の下でしか吸わないし、
車の中でも吸わない。
外食をしても、禁煙席に座ってくれるし、
実家でも絶対に吸わない。
歩きタバコなんかもしたことないし、
昔はアウトドア遊びをしょっちゅうしていたけれど、
必ず携帯灰皿を持参する。
でも、アウトドアでは遊ぶ方に夢中でほとんど吸わない。


だから、タバコ嫌いの私でも、のびパパの喫煙には
なんのクレームもなかった。


しかし!

悪いことは絶対にだめ!
きまりは絶対に守る!

そんなこだわりの塊ののび太の脳に、

「タバコ=体に悪い=悪いこと」
の図式がインプットされているのだ。



1年生の時も、父の日にのびパパに書いた手紙に

「タバコをやめてください。おねがいします」

と、書いたのび太。


しかし、マイペースなのびパパは

「う~ん、そうだね~」

と、右から左に受け流すぅ~♪のだ。



しかし、今度ばかりはのび太も簡単には引き下がれないらしい。



「お酒はちょっとくらいなら、体にもいい、
 っていうからいいんだけど、
 タバコはちょっとくらいも、体にぜんぜん良くないんだよ!
 僕、お父さんが肺炎になって死んじゃったら、いやだ!
 ううううう・・・」

「肺炎・・・?じゃなくて、肺がんかな?」

「あ~肺がんだった~うっうっうっ・・・」

「そうだよね~のび太がお父さんにお願いしたら?
 きっと、お父さんも肺の写真の話、聞いたら、
 やめてくれるかもよ。」

「うん・・・うっうっうっ・・・」



夕べ、遅く帰ったのびパパにこの話をしたところ、

「あらら・・・そうか~泣き落としされたらどうしよっかな~
 う~ん・・・そっか~・・・」

相変わらずののびパパ・・・



今夜あたり、のび太、のびパパに泣き落とし直訴するのか?!






いつもクリック、ありがとうございます。

あなたのポチッで今日も元気・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪

スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(12) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。