-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-05 (Mon)
のび太は典型的な「積極奇異型」の高機能自閉症であります。

小さいころから、どこでも誰にも愛想良く話しかけ、
(もちろん「積極奇異」らしく自分勝手に・・・汗)
知らない人にもニコニコで寄っていく子供でした。

まるで自分から「さらって行ってもいいよ~」
って、言ってるかのようでした。

公園に行くと、知らない親子からおやつを頂いたり、
知らない親子と一緒に写真を撮ってたり、
病院に行っても診察室ではパニックでも
待合室では積極的な天使の(親の欲目)のび太は
受付の若いお姉ちゃんにとってもかわいがられるのです。


入学式も心配でした。

前日にパニック予防のため、のび太のためだけに
予行練習をしていただいたので(詳しくはこちら
式に関しては心配なかったのですが、
親として心配なのは「お友達、できるかな?」です。

ところが、入学式会場に向かうため、並んだとき、
すでにのび太の前に並んでいたTくんとおふざけごっこ。

ホッとしたけど、おいおい緊張感ゼロじゃん!
って別の心配が・・・。


あとからわかったことですが、
入学当初、のび太は校長室に

「校長先生~~~!!!」と言って突然乱入?して、
校長先生と談笑していたこともあったらしい・・・

1年生だから許されることだけどね・・・(冷や汗・・・)



ある日、スーパーで、

「おお!のび太くん!こんにちは!」

と、見知らぬおじさんに声をかけられた。

「あ!こんにちは!」と、のび太。

とっても親しげな、おじさんとのび太。

今のご時世、いろいろあるし、???と思いつつも
会釈して別れた。

私「今のおじさん、誰?」

のび太「サポーターの人」

のび太小学校では、登下校の生徒の安全のために、
のび太小学校サポーターとして
学区内のご隠居している方などにお願いして、
朝の登校時と夕方の下校時に見回ってくださっているのだ。

そのサポーターの方だったのだ!

あわてておじさんを追いかけて、

私「すみません~失礼しました~
  サポーターの方なんですね。
  いつも本当にお世話になってますぅ~」

おじさん「のび太くん、いつもひとりで登校してるし、
  信号のところまでいつも一緒に歩いてるんですよ。
  のび太くんの話が面白くて、毎朝、楽しいんですよ~」


ひぇ~!そうか~毎朝、のび太の自分勝手な話に
付き合ってくださってるんだ~

だから、異様に親しげだったんだ~

私「わ~そうなんですか~ありがとうございます~
 ぜんぜん知らなくて・・・
 ありがとうございます!」

おじさん「いえいえ、こちらこそありがとうございます。
 昨日は『人間万事塞翁が馬』の語源のお話を
 教えてもらってね~物知りだもんな~のび太君は・・・」


汗・・・私は変な汗を噴出しながら、恐縮した。

もう、のび太は私の知らないところで、
たくさんの人たちとかかわって、支えられている。

そして、結構、のび太は私の知らないところでも
かわいがられている。


よかった~・・・

私は小さいころ、人見知りが激しく、
知らない大人と話すなんてありえなかった。

だから、のび太の自由で飾らない振る舞いが
うらやましく思えることがある。


積極奇異型ゆえなのか?元々、持って生まれた性格か?

とにかく、今のままで世間の人に愛されるのび太でいてほしい。






あれ?

のび太・・・?





と、思ったら・・・

向こうの方でウインナーの試食のおばちゃんと
談笑しつつ、ウインナーをほおばる、のび太・・・



いつまでこの人懐こさが世間的に許されるのか、
わからないけどね。






いつもクリック、ありがとうございます。

クリックが私の原動力・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪


スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(10) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。