-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-10-31 (Wed)
今日スーパーに行ったら、のび太くらいの子供たちが
わさわさいた。

名札を見たら、隣の学区の小学校の3年生。

あ~!そうそう!
のび太もちょっと前に、このスーパーに社会科見学に来たんだ。

私が買い物して帰ろうとしたときに、
その3年生の集団は整列してしゃがんで先生の話を聞いていた。


その中からひとり、立ち上がってもぞもぞして、
走り出した子がいた。

おお?大丈夫かな?


と、見ていると、誰かが追いかけていってその子を捕まえた。

先生かな・・・と思っていたら、
振り返ったその人は、療育で一緒だった子のお母さん。


あ!っと思ったら、目が合ったので会釈した。

就学相談では養護学校を進められたけど、
何とか頑張って、お姉ちゃんと同じ小学校の特学に入ったKくん。

KくんママはKくんの付き添いで来ていたらしい。



このKくんママの壮絶な生き様は
過去記事を見てくださいこちらです



KくんママはKくんを列に戻し、
私に駆け寄ってきた。


Kくんママ「もう、大変よ~こうして校外学習のときは、
 『お母さんが付き添いで来て下さい』って言われてね、
 ま、このとおり、じっとしていられないから仕方ないけど
 他の誰もが無関心で、
 私とKだけ別の世界にいるみたいで・・・」

それ以外にも、運動会、学芸会などの時も、
そばに親がいてくれないと、責任持てないと言われているらしい。

Kくんママ「学校でも特学にいるときは
 落ち着いてるんだけど、
 音楽や体育で親学級にいるとき、
 教室からふら~っと出て行っても、
 先生も誰も追いかけてくれないし、心配もしてくれないし、
 だから学校抜け出しても気づかれないから、
 歩道橋の上で近所の人に保護されちゃったりでね。
 学校もはっきり言わないけど『迷惑』って感じが
 あからさまなんだよね~」


・・・・・絶句・・・・・


そうかあ・・・

私「特学の子って割とみんなに大事にされている、って
 以前、言ってたじゃない?
 だから、順調に行ってるかと思ったのに。」

Kくんママ「担任によってぜんぜん対応が違うよ。
 今の担任は、『自閉症なんて親の責任』みたいなこと、
 いまだに言っちゃうような古い頭だからね・・・」


悲しい。

Kくんママ「養護学校に移ろうか、考えているんだよね~」



確かに多動もパニックも激しいKくんには、
小学校の刺激は辛いかも。


でも、だからといって、学校を抜け出しても知らん振りの
学校の態度に腹が立つ。

一度引き受けた子供を、
責任もって見てくれないなんて。

のび太小学校にもKくんみたいな子はいるが、
親が校外学習についてくる、学芸会などで親がそばにつく
なんてことはない。

必ず、先生方が走って追いかけている。




学校によってこれほど対応が違うのか?!


私「のび太小学校は多動でも先生がちゃんと見ていてくれるよ。
 養護学校に決める前に、いろんな学校、見学してみたら?」

・・・と、しゃべっているうちに、
またKくんが走り出した。

Kくんママ「あ~!じゃあ、ごめん!またね!」

と、KくんめがけてダッシュするKくんママ。


心の中で「頑張れ~!!!」と叫んだけど、切なかった。






いつもクリック、ありがとうございます。

クリックが私の原動力・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪


スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(26) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。