-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-10-17 (Wed)
あれ?っと、思ったら、いつの間にかブログ開設1周年が過ぎていた。

最初、gooブログで始めたのが去年の10月13日。



1年前の私は焦っていたんだった。

のび太は精神的にとても不安定な時期だった。
自分に否定的になり、
ちょっとした失敗でイライラして落ち込み、
「なんてボクはダメなんだ!」と、自分の頭を叩いたりしていた。

泳げないまま夏が過ぎ、秋になり、
「給食を残した人に罰ゲーム」で、さらに自己評価を下げ、
学習発表会、音楽教室のコンサートなどで、
気持ちが追いつめられていた。

言葉の教室でお世話になっていた先生に相談し、
特別に主治医の診察が受けられるようにアポを取っていただき、
「カミングアウト」しましょう、というところまで来ていた。

結局、主治医の診察の時点で、のび太も不安定期を脱出し、
かなり気持ちもハイになりかけていて、
「カミングアウト」には至らなかった。


でも、実際に「カミングアウト」したとき、
私はのび太に何を言ってあげられるのか・・・

言いたいことはたくさんあるけれど、
そんなときに気持ちがパニくるのは、私のほうだろう。

のび太を育ててきた記録と記憶と思い出、
そして、どれだけお父さん、お母さんが
のび太のことを望んで産まれてきたか、
どれほど愛して育ててきたかをノートにしたためる・・・

・・・なんてことはできない私。

それで、パソコンのキーボードも
まともに打てない状態にもかかわらず、
無謀にもブログを始めた私。


だって、明日にでものび太は自分に疑問を持って、
カミングアウトに至るかもしれない。

だからとにかく、気持ちを書いて残さなくちゃ!




焦って、焦って、焦って書いてきた。

いいことも、悪いことも、
前向きな気持ちも、落ち込んだ気持ちも。

そして、それに下さる皆さんのコメント。
このコメントでどれほど励まされて勇気付けられてきたことか。



このブログは将来、のび太が見ます。


きっと、皆さんからのコメントも見ます。

親からの言葉もさることながら、
見ず知らずの方たちなのに、
でも、こんなにも心を寄せてくださるコメントに
きっと、のび太にとって大きな心の支えになると思うのです。



自閉症で産まれてきたことで、親を憎んだりするかもしれない。

でも、実際に支えてくれる人だってたくさんいる。

それにこうして目に見えないところで、これだけの方が、
のび太を見守っていてくれたんだ、ということを
誇りに思ってほしい。


この、へっぽこブログに来てくださる皆さん、
ホントにありがとうございます。


そして、これからも、ダメ母・まっぷーと、
かわいい息子・のび太を支えてやってください。






いつもクリック、ありがとうございます。

クリックが私の原動力・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪


スポンサーサイト
| 母からのび太への想い | コメント(18) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。