-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-10-12 (Fri)
先日、特売日でごった返すスーパーで同級生を見かけた。

隣のレジに並んでいる彼女は、中学も高校も同じ。

クラスも同じだったこともあって、親しかったこともあった。

声をかけよう~!!!

・・・と、タイミングを計っていたが、
人ごみだし、彼女はまったくこっちを見ない。

あ~・・・声かけられないかなあ・・・

などと思いつつ、レジを待っていたら、
ふと、彼女も私に気がついたようだ。



あ・・・っと、手を上げかけたとき、
ふと、目をそらされた。

子供の手を引いていた。

あれ・・・?気がつかなかったかな?

・・・と、思ってじっと彼女を見ていた。

彼女はもう一度、ちらっとこちらに目をやり、
軽く首を振った。

イヤイヤ・・・とでもするみたいに・・・。


声をかけるのはやめて、ってことかな?

・・・どうして・・・?

などと思いつつ、彼女を気にしつつ、レジでお金を払っていた。



彼女が私の横を、軽く会釈して通り過ぎた。




・・・そのとき、ふと、彼女の子供に目をやった。





あ・・・!!!





ダウン症のお子さんだった、と思う。




ダウン症の方は、独特の顔つきがある。

療育でダウン症のお子さんも何人かいたから、すぐわかった。




そうか。



ごめんね。





触れられたくないこと、あるよね。







私だって、何度、同じような気持ちで街を歩いたことか。


「お願いだから、知っている人に会いませんように」

と願いながら、買い物に出かけていたこともある。





だから、わかるよ。


今はそっとしておいてほしい、って事だよね。








心の中で「頑張ろうね」とつぶやいた。






今度、会えたら、そのときは声をかけてほしいな。








いつもクリック、ありがとうございます。

クリックが私の原動力・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪


スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(20) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。