-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-08-26 (Sun)
昨日、ちょっと遠くの大きなショッピングセンターに行った。

のび太と旦那は本屋とゲーセンへ。

私は自由に大好きな雑貨屋さんをぶらぶらしてた。

・・・と、美しい歌声が・・・


今日はステージでミニライブがあるらしい。

・・・・・聞くともなくショッピングしていると、
何とも懐かしいメロディーが・・・


「万華鏡キラキラ」・・・

何年か前、マンガが原作のドラマ「光とともに・・・」で
主題歌だった、あの曲が流れてきました。

そう。今日はあの曲を歌っていた女性ふたり組のライブだったのです。
(ごめんなさい。お名前、忘れました・・・)

音楽って不思議です。

この歌を聴いていた頃の気持ちにタイムスリップするんですよね。

雑貨屋さんの切り子風のグラスを手にとって見ながらも、
耳は音楽、気持ちはのび太幼稚園時代に帰っていました。

「光とともに・・・」はのび太が自閉症とわかってから、
マンガでずっと読んでいました。

ドラマ化された時、旦那は「身につまされるから見たくない」
(え?!なんだよっ!それっ)と言い、
毎週ビデオに録画して、見ていました。

まだ、年長だったのび太。
「光くん」とのび太はタイプの全く違う自閉症だけど、
光くんの母親役の篠原涼子さんの息子と向き合う一生懸命さが
自分とだぶって見ていました
(・・・美しさのギャップはあるよ・・・そりゃあ・・・)

あの頃は、私ものび太とコミュニケーションを取ることに
一生懸命だった。

気持ちを伝えるために、「コミック会話」なるものを独学し、
毎日、ホワイトボードで、のび太から幼稚園での様子を聞こう、
と、真剣だった。

本当に真剣だった。


・・・・・そのころ、私の妹がおみやげで、のび太に万華鏡を買ってきてくれた。

ものすごくきれいにキラキラ変わる万華鏡にくぎ付けののび太。

ガラスでできていたので、使わないときは
のび太の手の届かないところに置いていた。

「お母さん、キラキラ見せて~」

と、申告して与えていた万華鏡・・・


のび太は今年初めて、プールに潜れるようになった。

それまで、「勇気がなくて潜れないんだ」と言っていたのび太に、

「水の中から空を見ると、キラキラしてとってもきれいなんだよ~
 すんごくきれいだから、のび太も頑張って潜って、
 キラキラ見てごらん!」

・・・と、話していた。

そして、毎日プールに通っていたある日、

「お母さん!ホントに水の中から空を見たよ!
 お母さんが言ってたとおり、ホントにすごくすごくきれいだった!」

・・・と、コーフン状態で帰ってきたのび太。

そうか・・・やっぱり、キラキラもの好きなんだなあ・・・



買い物の帰りの道中、我が家に向かって南下して帰るので、
日差しがまぶしく、それが苦手ののび太は
いつもなら愚図ってサングラスをかけるのですが、
今日は手で、目を覆っている。

 「あれ、のび太、サングラスしていいんだよ」

と言うと、

「ほら、見て~こうやって手をひらひらすると、
 キラキラしてきれいなんだよ~」

と、自閉症の子によく見られる「手かざし」をしている。

あれ?のび太、小さい頃、それ、やらなかったんだけど、
今頃気づいたのか?!

キラキラ好きは変わらない。

今でも時々、万華鏡見て、
「きれいだ~明るい方にかざすともっときれいだ~」

と、感激のため息つきつつ、覗いているのび太。


このごろ、嬉しいはずの成長にちょっと寂しかった母だけど、
昔と変わらない「キラキラ好き」ののび太を見て、
嬉しくてニンマリする、母でした。

自閉症の母って悪くない・・・なんて思える瞬間でもあります。



いつもクリックありがとうございます。

今日もポチってしていただくと、しあわせ・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(10) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。