-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-08-20 (Mon)
去年の秋、のび太が不安定だった時期に無理に時間を取っていただいて、
お世話になっている児童精神科の医師に、まず私が相談に行き、
のび太にカミングアウトする・・・ということで、
次の予約を取り、1ヶ月後、のび太を連れて行った。

しかし、1ヶ月後には、のび太も不安定時期から脱して、
超ハイテンションで医師の診察を受けたので、

「今、調子もいいようなので、あえてカミングアウトする必要はないでしょう」

・・・との、医師の判断で、何もせずに帰ってきた。



それから10ヶ月、一度も診察していないのび太。

本当は、その時、

「冬休みにまたおいでね~」

と、医師と約束したのび太だったが、
予約する気になれなかった私・・・

本当は、「夏休み、冬休みに診察に来てくださいね」

と、以前は言われていたのですが・・・


・・・この夏休みも予約しませんでした。


のび太の通っている児童精神科は県立の精神病院で、
田舎ののび太県では唯一の児童精神科があり、
県内外から診察に訪れる。
ここの院長先生が児童精神科の医師の「べー先生」なのだが、
とっても良い先生で、癒し系のおじいちゃん先生なのだ。

でも、いつも、診察した後に、ちょっとむなしくなる。

いっぱい相談したいことをためて、やっと予約して診察していただいて
たまりにたまった心配事をがーっと吐き出しても、

「うんうん。そうだね~こういう子達の特徴だね~。
 あ~、さっき来た子もそうなんだよ~うんうん、そうですね~」

・・・・・・で、終わりなのだ!

例えば
「言葉の指示が伝わりにくいし、
 自分でも上手く言葉で表現するのが難しいみたいで・・・」

と、相談したとします。

よくある話では
「じゃあ、○○検査をして、その結果次第で○○の指導を受けるか、
 ○○療法するか、考えましょう」
って、なると思うのですが、

ここでは、
「うん、そうなんだよね。なかなかね、こういう子達は難しいね~」



・・・これだけかい!!!



この病院でも、やはりのび太のように軽度の子は
「ま、大丈夫」
って感じの扱いなんです。

いろいろなトレーニングなどもやっているのか、
はっきりわからないのですが、
医師から見れば、もっと、重度で大変な子達がたくさんいる。
その子達を優先に・・・

・・・っていう感じなんですよね。


わざわざ予約していっても、親のグチをこぼして帰るだけ・・・?


そんなこんなで、夏休みも診察に行かなかったのび太。


以前はのび太も、
「夏休みだからべー先生の病院に行かなきゃ~!!」

なんて言ってたけど、最近は言わなくなりました。

やっぱり何か、のび太も思うところがあるのか・・・?


みなさんはどんな病院に通って、どんな診察を受けていますか?




いつもクリックありがとうございます。

今日もポチってしていただくと、しあわせ・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| 療育・病院・検査など | コメント(14) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。