-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-08-09 (Thu)
「のび太くんのおはなし」


のび太くんは、9さいです。

のび太くんは、おしゃべりだけどうまくはなせなかったり、
あいてのはなしをちゃんとりかいできなかったりします。

のび太くんは、ともだちといっしょにあそんでも、
ちょっとじぶんかってだったりします。

のび太くんは、つま先立ちであるいたり、
くるくるまわったりしながらあるきます。

のび太くんは、いつもとちがうことがおきると
パニックになります。

のび太くんは、おかしいことじゃないのに笑います。

のび太くんは、わけもわからずとつぜんかんしゃくを
おこすこともありました。今は、だいぶなくなりました。

でも、のび太くんは、おりがみや漢字や算数がとくいです。


のび太くんは、自閉症です。





今日、うちで購読しているA新聞に
公共広告機構の日本自閉症協会の広告が載っていました。


でも、そこに描かれていた「だーくんのおはなし」は、
「だーくん」のお話であって、

「だーくんのおはなし」=(イコール)「自閉症」

ではありません。


もちろん、上に書いた「のび太くんのおはなし」の
のび太くん=自閉症でもありません。


知らない人にとって、そこに書かれている
だーくんの症状が自閉症の症状と固定化されるようで、
ちょっと不満を持ちました。


「だーくんのような自閉症の人は、広く見ると日本に約120万人、およそ100人にひとりいる・・・」

と、ありましたが、高機能やアスペの方も混ぜれば
50人にひとり、というデータもあるのです。


もっと、もっと、もっと、

自閉症のことを広く理解してもらうには、
自閉症のイメージを固定化しない伝え方が大切だと思います。

そして、新聞だけじゃなく、テレビCMでも放送していただければ・・・



初めて診断されたとき頂いた、日本自閉症協会発行の手引きにも

「自閉症の症状は100人いれば100とおり」

と、書いていたはず。


自閉症は、だーくんだけじゃない!



いつもクリックありがとうございます。

今日もポチってしていただくと、しあわせ・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(8) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。