-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-06-29 (Fri)
昨日、満面の笑みで帰ってきたのび太。

「お母さん!僕、プールで潜れたんだよ!
 水の中で『格闘ごっこ』やって遊んだんだよ!!」

「!!!やったじゃ~ん!!!
 おめでとう~!頑張ったね~!」


・・・そうです。

のび太は小3の今まで、プールが大嫌いでした。

1年の時も2年の時も、お風呂で何度も練習したけれど、
のび太の中で、水の中にもぐる、ということの
想像ができずにいたのでしょう。

顔を水につけたら、息はどうするのか、
目はどうするのか、体は沈まないのか、本当に浮くのか、
体が浮くってどういう事か、
顔をつけようとすると波が邪魔する、
勇気が出ない・・・

などなど・・・

これらの疑問、嘆きに、いちいち答えて、
図で説明して、暗示をかけて・・・


それらをやっと、やっと、のび太自身の中で想像できて、
できそうなイメージがわいてきて、
チャレンジする勇気もわいてきて、
やっと、顔をつけてみたら・・・

なんて事はなかった・・・

「どうして今までやってみなかったんだろう!」

なんてことまで言い出したのび太・・・


長い道のりでした・・・

毎年、ブルーな夏・・・

夏休みのプール解放日にも行かず、
プールの授業のある日は雨乞いをし、
てるてる坊主を逆さまに作ったこともあったのび太・・・


毎日グズグズ言ってるのび太にイライラした私は、
今年になってからは、

「水泳なんてできなくたっていいんだよ。
 大人になっても泳げない人もいっぱいいるんだし。
 でも、中学校まではイヤでも夏が来れば、
 プールの授業はあるんだよ。
 『僕は泳がない』でもいいけど、みんな体は浮いてるんだし、
 のび太だけ沈むことはないんだから、
 ちょっと顔をつけて、浮いてみる勇気を持ったら?」

なんて、もう、捨てぜりふ的ないい方だし・・・
 

それが、プールに顔をつけられて先生に誉めていただいて、

「あ~早く、プールの日が来ないかな~」

とまで言い出してるし・・・


単純すぎる・・・

でも、お母さんだってウレシイ




そして、もう一つ、嬉しいことが・・・


漢字検定6級合格しました

「やった~!!10月に5級を受けて、2月に4級を受けるぞ~」


嬉しいことが重なったのび太、
寝る前につぶやいた一言は・・・

 「今日は僕の人生で、一番いい日だった」

もう、人生、語っちゃう9歳・・・

お母さんなんて、まだ一番いい日、体験していないぞ!
たぶん・・・
まさか、もう・・?
え?いつ・・・?



いつもクリックありがとうございます。

とってもとっても嬉しく思ってます。

是非、今日もクリックしていってくださいね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(10) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。