-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-06-25 (Mon)
昨日の記事のつづき・・・


あの後、

「のび太、本当に強くなったんだね~
 ちっちゃいときののび太だったら、
 『痛いよ痛いよ~ぎゃ~~~~』って大騒ぎだったのにね」

と、言うと、


「さっきはね、お母さんが
『痛かったね~』って言ってくれたから、
 安心したんだ」

「え???」

「痛くないよ、って言われると、悲しくなるんだ。
 『痛かったね~』って言われると、嬉しいから。
 大丈夫な気持ちになるの。」

「そっか~、そうだよね。『痛くないよ』って
 決めつけるの、おかしいよね。
 だって痛いに決まってるもんね。」

「うん。でも、悲しいときは泣いていいんだよね。
 シーモも歌ってるもんね。」

「???あ~!SEAMOの歌ね」


そう。
SEAMOの「Cry Baby」という曲をご存じですか?

クレヨンしんちゃんの映画の主題歌にもなった曲。

初めてこの曲を聴いたときに、のび太の前で不覚にも号泣した私。

幼い頃は、のび太に負けないほどの泣き虫だった私。
でも、「泣いてはいけない」と幼い頃から言われ続けて育てられた私。

気がつくと、どんなに感動してもどんなに悲しくても、
泣けなくなっていた。

泣く前に、こらえなければいけないと思いこんで、
人前で「泣く」ということを封印して育った私。

その私にSEAMOがささやいてくれたような気がした。



♪そう思えばいつも僕は無理に笑ってた
強がってた、気を張ってた、涙こらえてた
~中略~
Cry Baby今日は我慢せずに
泣いてみな思いっきり
流した涙 美しい
その涙で伝える 僕の意志~♪



のび太もよく、いつもの腹から出すデカイ声で
歌っているお気に入りの曲。


パニックつづきだった頃ののび太に

「泣かないで理由を言いなさい」と、
自閉ののび太に無理なことを叫んでいたダメダメ母だった私。

ある日、パニクって大号泣しているのび太に
「泣いていいんだよ。嫌な気持ちの時は泣いていいんだからね」

と、言った日から、パニックの時、自分でも気持ちを抑える努力をするようになってきたのび太。(詳しくはこちら


泣いて伝える気持ちがあるはず。

それを周りが理解して、受け入れてくれることで、
どれだけ、悲しみ苦しみが癒されることか・・・


私の小さいときの分まで泣いていいんだよ、のび太。



ちょっと成長して、我慢を覚えてきたのび太に、
心の中でつぶやいてみるのでした。




いつもクリックありがとうございます。

とってもとっても嬉しく思ってます。

是非、今日もクリックしていってくださいね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ




 
スポンサーサイト
| 母からのび太への想い | コメント(14) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。