2007-06-11 (Mon)
昨日、漢字検定を受けてきたのび太。

DSの漢検で1級合格にいい気になったのび太。

学校では年に1回、学年相当の級を受験していて、
2年終了程度の9級は合格していたのび太ですが、
一般受験で6級を受験してきました。

いくらDSで1級合格とはいえ、所詮、ゲーム。

ゲームには問題量の限界もあるし、
DSで出題されない漢字だってたくさんあるはず。
ちゃんと勉強して確実に合格できそうな6級を
自分で選んでチャレンジしました。


試験場は車で1時間ほどの場所。
試験時間は15:30~16:30まで。

試験の結果とか、そんなのはいいんです。

合格しても不合格でも、のび太にとっては
いい経験になると思うし・・・



問題は試験以外のところ・・・


出かける前から

「今日の夕ご飯の事が気になる・・・」

とブツブツ言っていたのび太。

そうです。
以前にも何度も記事にしましたが、
のび太には勝手なスケジュールがあって、
それに当てはめるために日々の生活をこなしているのです。

いつも、6時前には夕食を食べ始めていたいのび太。

おまけに日曜日は7時から
大好きなテレビ、「平成教育学院」もあるから、
のび太の気持ちの中では
絶対に予定を崩したくなかったのでしょう。

しかし16:30に試験が終了して、車で1時間・・・
日曜の国道4号線はとっても混んでいるのでもっとかかります。

それにせっかくだし・・・って
のびパパが途中のお店に寄ったりしたので
のび太市に着く頃は、すでに6時過ぎ・・・

もう、のび太の心の中はプチパニ状態だったのでしょう。
涙目で愚図るのび太。

「のび太、今日はのび太の漢検のために行ったんだし、
16:30まで試験だったんだから、ご飯の時間は遅くなるよ」

と、初めに予定変更の可能性は伝えてあったので、
大丈夫だ、と思いこんでいた私とのびパパ・・・


しかし、グズグズ始まっちゃいました。
もう、仕方ないからコンビニでお弁当買って夕飯にしよう、
と、コンビニに寄ったのですが、選びながらも涙ボロボロののび太。


家に着いても、
「あ~腹減った~気持ち悪いほど腹減った~~~」
と、悪態つくのび太・・・


さすがに抑えていたものが、プッチ~~~~~ン!!!!と、音を立ててブチ切れた私。

「いい加減にしなさい!!
今日は誰のために出かけたと思ってるの???」
と言うと

「お父さんとお母さん・・」

「はあ~っ?!ふざけるなっ!誰が漢字検定、受けたいって言ったと思ってるの?!」

「お父さんとお母さん・・」

はあ~っ何言ってるの?!のび太!!!
あんたが受けたいって言ったから受けさせてやったんでしょ?
お父さんとお母さんは今日の漢字検定、
行きたくて行った訳じゃないんだからね!!!
今度、受けたいって言っても連れて行かないからねっ



・・・・・わかってます・・・
のび太が私の言ってる言葉の意味、わかっていなかったかも知れない。

叱られて、私の迫力に負けて、何言ってるか理解できないまま
返事をしちゃったと思う。

でも、昨日は私自身、さすがに情けなくなって泣きながら怒鳴ってしまいました・・・

こーゆー時、旦那は無口・・・
なんかフォローしてよっ!!

そのあと、のびパパとお風呂から上がって、

「お母さん、ごめんなさい。もう、あんな事、言いません。」

と、ちゃんと謝ったのび太。

ムギューして
「そうだよ。のび太のためにお父さんとお母さんは
何でもするんだからあんな風に言っちゃダメだよ」

・・・って・・・
のび太、ちゃんと意味わかったのかな?

頭ごなしに叱っちゃイケナイ!!!

と、わかっているのに未熟な母は繰り返すのだよ・・・


ごめん、のび太。

お母さんも言い過ぎたよ・・・



いつもクリックありがとうございます。

大変嬉しく思ってます。

是非、今日もクリックしていってくださいね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(14) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する