-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-06-05 (Tue)
私の旦那=のび太の父親は、おもしろキャラです。

このブログをやってることは知ってるのですが

「クリック厳禁!絶対に見るな!!」とくぎを差しているので・・・

勝手に書いていいのか・・・迷ったけど書く!!!


旦那・・・ここでは「のびパパ」としよう~

のびパパと私は高校の同級生です。
2,3年、同じクラスだったらしいが、お互い印象は薄い。
話したこともほとんどない(はず)

私の印象は「頭はいいがいい人っぽいフツーの人」


そんな、のびパパ・・・


結婚するとき義母からあずかった小1から高3までの成績表。

驚いた                       

高校の時、のびパパは成績がよかった。
いつも学年で5番以内の成績だった。

しかし、小学校の成績は「2」「3」しかない学年もある。

それよりも驚いたのは、先生が書く「学習と暮らしの様子」という欄。

「じっと腰を落ち着けているのが苦痛のようで・・・」
「周囲のことに気が散り、集中できず・・・」
「あきやすく無責任な行動をしがち・・・」
「学習用具の使い方が粗雑で忘れ物も多い・・」
「記憶中心の学習は良好ですが、それを文章化したりが苦手で投げやりに・・・」
「友達の言動に左右されやすい・・・」



初めて見たときは「小学校からこんなにきついこと書かれるんだ」
って驚きました。



そして・・・今見ると・・・


まるで、のび太?????


さすがに今の通知票にはここまで辛辣な事は、あののび太でさえも書かれませんが、まるでまるでのび太の事を言われているかのよう・・・


のびパパいわく・・・

「いや~ホントに落ち着きなかったな~叱られてばっかりだったよ~
学校でも家でも・・・ははははは~」


そして、極めつけの自己分析・・・

「俺、ADHDだったかもな~・・・
 あ、治らないんだから『ADHDです』だな~」


・・・・・旦那の名誉のために言っておきますが、
高校生ののびパパも今ののびパパも、
どちらかというと落ち着いて見えるタイプ。

まったくADHDっぽい雰囲気などみじんもなく・・・
いや、正確に言うと、ちょっと片鱗は覗かせてはいますが・・・


ADHDについては、
「だんだん成長とともに落ち着いてくることが多い」って言うくらいだし・・・



小学生の時に騒ぎすぎちゃってエネルギー切れか?



ま、真実の程はわかりませんが、のびパパの成長を見るだけでも
子供ってどう成長するかわかりません。

今の子供の姿だけで、判断できない事ってたくさんあるかも。



・・・と言うわけで、次回は
「のびパパの幼少時代の落ち着きなさの数々」を披露しますね。

こうご期待!!!




いつもクリックありがとうございます。

とっても励みになっています。

よかったら今日もお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| のび太のパパ | コメント(12) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。