-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-06-01 (Fri)
先週1週間、旦那は出張で留守・・・

となると、
「やった~!!!家事の手抜きができる~朝、弁当、作らなくていいんだ!!」

と、ずぼら主婦モード全開にしたいのを、息子&旦那の手前、押さえ気味に喜ぶワタシ・・・




そしてダラダラと、旦那のいない初日の夜は過ぎてゆく・・・


「さあ、のび太~寝なさ~い!!!」(そのあとゆっくりパソコンしよっと・・・ムフフ・・・)

「うっうっうっ・・・」

「どしたの?」

「お父さんが1週間もいないなんて・・・心配だよ~」


!!!今まで誰かがいなくて寂しいなんて、口にしたことのないのび太。

今までだって、お父さんが出張で何日かいないこともたびたびあったのに、全然平気だったのび太。

小さいときも、変化に弱いはずののび太なのに、父親がいないことに疑問も抱かず(思っていたけど伝える術がわからなかったのかな?)平然としていることが逆に不思議だった。

年長の時に、私が手術入院の時も
「ぜ~んぜん、さびしくないよ~!!」

なんて言って、ちょっと私をがっかりさせたのび太・・・

そののび太が、お父さんがいなくて寂しいと泣いている!!!


「じゃあ、電話してみよう」

と、携帯に電話・・・

「もしもし~!!のび太~寂しくて泣いてるんだって?ははは~!!!」

なんだよっ!カワイイ息子が父恋しさに電話してるのに
「ははは~」はないだろう!!!


「テレビ電話ってボタン、押してみて~」

おお!世の中、スゴイよね~
そういえば携帯にテレビ電話なんていう機能がついているんだった!

「お~い!!のび太~!!お父さんね~今、みんなでお酒飲んでるんだよ~」


・・・テレビ電話にうつる「養○乃瀧」の看板・・・


テレビ電話って・・・



と、とにかく、父親と顔を見て話をできたのび太。
泣きはらした顔でニコッと笑顔で布団に入りました。




次の日・・・・・

学校から帰ってきたのび太・・・


「???どうしたの?のび太?泣いてきたの?学校で何があったの?」

「何にもないよ・・・」

「だって、泣いてるじゃん!正直に言いなさい!」

「・・・今日もお父さんがいないな、って思ったら、涙が出てきたんだよ・・・」


「・・・そっかぁ。いいんだよ、のび太。寂しい気持ちはのび太がオトナの気持ちに近づいてきた証拠なんだよ。」



のび太、ちゃんと気持ちも成長しているんだね。

誰かが恋しくて「寂しい」って思うことは
それだけ、この人は大切な人だ、って思えるようになってきたんだね。



・・・・・その夜もテレビ電話でお父さんと話すのび太。


お父さんの顔を見て安心して眠るんだよ・・・






・・・また、今日もバックは「養○乃瀧」かよっ!!





いつもクリックありがとうございます。

とっても励みになっています。

よかったら今日もお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(8) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。