-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-04-24 (Tue)
のび太、先日、初めて授業で書道をやった日。

帰ってきてインターホンで

 「お母さん、あのね、墨汁がズボンに付いちゃったの」

と、小声でささやくのび太・・・


 「あ、そう~。まず入ってきたら!」

・・・こそこそ、家に入るのび太・・・

なんと、ベージュのズボン、腿からスネのあたりまで、両足真っ黒

さっき、軽く「あ、そう~」って言ったが、爆発寸前の私・・・

私よ、落ち着いて、落ち着いて・・・
ちゃんと理由を聞きましょう。

 「こぼしたのを拭いたら全体に広がったの」

お~!!そうか、そうか!!
でも、両足か?!

 「間違うことはあるけど、ちょっとこれは・・・」

洗いながら、腑に落ちない。

筆でさっと、はらったような跡が何個かあるし・・・

でも、でも、落ち着くのよ、私!!

のび太を信用するのよ!!!


結局、洗えどもズボン全体に広がった墨の跡は消えず・・・




で、今日・・・

ほっぺたに、「油性ペンで書いたんだ!」と、
小さい○がふたつ書いているし・・・

そ、それに・・・

トレーナーに手のひらくらいの大きさの、縦横に切ったあとが・・・

私よ、落ち着いて、落ち着いて・・・
ちゃんと理由を聞きましょう。

 「ひょえ~!!のび太!!これ、どうしたの?!」

 「あ、えっと、ハサミで、間違って、切っちゃった、かも知れない・・・?」

「は~?かも知れない???」

まちゃまちゃみたいなセリフが思わず口から出る私・・・


私の引きつった顔を見て、のび太は明らかにものすごい動揺してる。

でも、でも、落ち着くのよ、私!!

のび太を信用するのよ!!!



まず、のび太をおやつで一息つかせよう。
いや、私がコーヒーで一息つけ!

と言うわけで、おやつタイム・・・

 「のび太、その切っちゃった服だけど、自分でやったの?」

 「うん。間違ったの」

 「何か別のもの切ってて、それと一緒に切っちゃったのかな?」

 「ううん。別のものは切ってない。間違ったの」

・・・確かに、自分に向けてハサミを向ける・・・って不自然だ!

いや・・・でも、どんなに障害のある子供でも、
絶対にすべての行動に理由があるはずなのよ!

そうよ!

ちゃんと、理由があるのよ!!
落ち着け!私!!

 「切っちゃったらどうなるのかな~って思ったの?」

 「!!!(ハッとした顔で)うん。」

どうやら、何かを切るために出していたのではなく、暇で手持ちぶたさで、ハサミを出してチョキチョキしていたらしい。

1年の時も先生に注意されているのび太。

切る用事がないのに、ハサミで遊ぶのはいけません。
ハサミは刃物です。
間違って人の体を傷つけることもあります。
だから、用事がないときはハサミを出しません。




 「ねえ、服、全部、チョキチョキ切ったらどうなるかな~って思ったの?」

 「(ニヤっとして)うん。ホントは全体を切りたかったの。」

 「でも、1年のS先生にも言われたよね。体を傷つけることもあるから用がないときはハサミは持たないでね。それに、服、もう着られなくなっちゃったよ。お母さん、悲しいな。」

 「うん。もうしない。」


正直言って、ハサミを自分に向けて切るっていうことが、ちょっとショックだった私。

でも・・・

やっぱりちゃんと理由があったじゃない!!




・・・って・・・

こんな対応でいいのかしら?





いつもクリックありがとうございます。

大変、励みになっています 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ


スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(9) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。