-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-03-14 (Wed)
のび太は滅多に熱を出したりしない。

そのせいか、今回のインフルエンザみたいに、たまに発熱して体調が悪くなると、まるで「この世の終わり」みたいに大騒ぎする。

私は幼少のころ、しょっちゅう風邪を引いていた。
治った、と思うと、また次の風邪を引く。
こじらせて、気管支炎、肺炎など、しょっちゅうで入院も1年に1,2回ぐらいしていた。

だから、このくらいの熱だと、こんな感じ、
この程度の気管支炎だと、こうすれば楽、

などという事を、体で覚えてきた。

だから、確かにインフルエンザは具合悪いが
「その程度で、そんなに大げさに騒ぐなよ~」
なんて、のび太を見てしまう・・・

でも、
のび太には、本当に「この世の終わり」のように辛いのかも・・・

と、思う。

同じ症状でも感じ方は人それぞれ。
特にのび太は

「あんまり熱出たこと、ないから、怖いんだよ~」

と、涙ぐんでいる。

確かに、経験してないことは不安だよね。


夜中の3時、急に飛び起きたのび太。

 「僕、すごいでしょ?ほら、こんなに~・・・」
   と言って、時計を指さす。

 「???のび太?どうしたの?」

 「んあ~~~~~う~~う~~~」   
と、拳を作って体を縮めて騒ぎ出す。

 「?具合悪いの?横になったら」
   と、寝せると

 「お父さん、もうすぐ帰ってくるよね?」
   と、お父さんが隣で寝ているのに・・・

そして、また、起きあがり、

 「んあ~~~~う~~~~~」  
 と、苦しそうにする・・・


寝ぼけていたの?

うん。たぶん、寝ぼけてたんだよね・・・?


今朝も、訳のわからない事を何度も言って、泣きそうになって

 「あ~~ムギューして~~」(抱っこして)

と、言ってムギューしてあげて、やっと、正気に戻った?のび太。



ちなみに、病院で処方された薬、噂の「タミフル」は
飲ませていません。

『(前略)頻度はまれですが、精神神経系の副作用も報告されています。しかし、精神神経系の症状はインフルエンザによる物か、タミフルによるものか、の鑑別が付かないのが現状です。
ご家族・周囲の方々に置かれましては患者様の様態に十分にご注意いただき、・・・(中略)
精神神経系の副作用とは、意識がぼんやりする、意識がなくなる、うわごとを言ったり興奮したり、普段と違うとっぴな行動をとる、幻覚が見える、妄想、けいれん等があります。』

という、説明書をもらいました。

いろいろ、人それぞれ、考えはあると思うけど、
今回は私たち親の判断で、飲ませないことを選択しました。


のび太は以前にもこれよりもっと緊迫感のある、寝ぼけて?にしてはちょっと、普通ではないようなことを、しゃべったことがあります。

もちろん、原因はわからないけれど、以前の時は、風邪でも発熱もない時、今回も熱は38度以下で、うわごとを言うほどの熱でもない。

その時のことが頭をよぎって怖くなったからです。


とにかく、今回はタミフルは飲ませていません。
そのせいで、もしかしたら、回復が遅れるかもしれないけど。


以前ののび太の「うわごと」か「幻覚」か?のことは
また、いつか、記事にしたいと思います。

だいぶ、食欲も出てきたのび太。

頑張ろうね~


よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(9) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。