2014-01-15 (Wed)
のび太が、

学校行きたくないなあ

と、ぼやき続けてる。


のび太のクラスは冷めた事を言って
クラス全体の雰囲気を壊す輩がいて
行事も盛り上がらず
つまらないクラスらしい。

そんなこんなでつまらないのかな、
と思ってたが、今朝、
車で送ってく時、
上記の通り、行きたくない、と
何度も嘆くので、

「理由があやふやじゃ、
休みなよ、って言えないしなあ」

と、かまをかけてみた。


「そんなに深い意味じゃ
ないかもしれないけどさ
友達と喋ってたら、
『お前、つまんね』って言われた」

と。

「それから他の奴と喋ってても
萎縮してますますうまく喋れなくなった」

と。


そうか。

のび太の診断が
アスペルガーではなく
高機能自閉症である所以である。
(言葉の遅れの有無だけなので
一般的に浸透しつつある
アスペルガーと言うこともあるが)

のび太は会話が出来ず
診断に至ったのだ。

その後も、物事を上手く説明出来ない
どもる
会話のやり取りが巧みでない
という、まさに
ザ・高機能自閉症な悩みが常にあった。

しかし中学生ともなると
周りも辛辣だし、
のび太は言い返す、なんて事は出来ない。

言い返す事が出来るくらいなら
高機能自閉症ではないしな。

「いやいや、お母さんは
のび太の話面白いけどね。
自信持ちなよ~
つまんね、なんて言う奴の方が
話してもつまんねー奴だよ」

とか言ってみたところで
母親の慰めなんか
なんの意味もないお年頃・・・


はぁぁぁ
早く高校生になりてえ!

と、つぶやいて車を降りたのび太。


うーん・・・

のび太、そんな奴は友達とは
言えない奴だぞ。

そんな奴と会話なんかするな。


無理にそんな奴に合わせて喋っても
全然のび太らしくないぜ!

のび太はのび太のままで
のび太らしく
のび太の良さをわかってくれる人と
いてほしいなあ。


母の戯言だよね。

のび太の悩みを解決する方法を
あれこれ考えてる母である。
スポンサーサイト
| 我が家の自閉症との関わり方 | コメント(1) |
2014-01-14 (Tue)
あけましておめでとうございます。

今頃ですが(笑)



心身共に不調なまま
年を越しました。

去年の年末年始は入院してたことを思うと
やはり家族揃って過ごせる事は
しあわせです。



のび太ですが、相変わらずです。

いろいろのび太のことも記したいのですが

うーん・・・
どこまで書いたらいいか、
どこまで書くのが許されるか
書いたら身元バレる可能性あるなあ
とか、
考えるとなかなか書けないまま
迷っております。



・・・という訳で
躊躇しながらの更新になりますが
今年もよろしくお願いいたします。
| 母のつぶやき | コメント(0) |