-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-11-17 (Sun)
『高機能自閉症とおっしゃられていますけど、
現在のお子さんは,ブログで見る限りは,
友人関係も部活も学習もさほど支障はきたしてないように
見受けられるのですが。
日常生活に困難をきたすことが
少なくなったのならそれは障害とは言わないのでは。』


というコメントを頂きました。



『発達障害は風邪が治るように
治ることはない』

と、ご存じない方からのコメントかと思われますが。



以前も、記事にしましたが
私は息子の出来事の全てを
書いてる訳ではありません。

中学生になり、
それもかなりピンポイントな中学に
在籍していることもあり、
出来事を記事にすると
個人を特定される可能性があり、
なかなか記事に出来ない事がたくさんあります。

他の発達障害のお母さんのブログでも
中学入学を期に
ブログをやめてしまうかたも
たくさんいるくらいですから。

それくらいちょっとの想像力で
解りませんかね?

それともこのコメントのかたも
発達障害で想像力が乏しいのなら仕方ないですが。


でも、やはり知的な遅れのない自閉症の
周囲の理解不足というのは
このコメント主さんのように
表面的な事柄だけ見て
本人の困り感を理解してもらえないことが
一番の『障害』です。

自分の意志や行動が少数派であることを
自覚出来てしまうがために
周りに紛れて目立たぬよう
どれ程努力をし、我慢し、
自己嫌悪におちいりながらも
自分の環境の中で生きるための術を
あれこれ模索しつつ
あがいて失敗して頑張ってるのに

これは『障害ではない』のであれば
この子たちは何処に助けを求めればいいのですか?



今までもそうでしたが、腹立たしいのは
このような記事や障害や私の考えを
否定するコメントに限って
必ず『unknown』『名無し』『匿名』であること。


否定するなら正々堂々と
身元を明らかにすべきでは?

こういう人がいる限り
発達障害への理解はまだまだ進まないのです。


がっかりですね。
スポンサーサイト
| 世間の目 | コメント(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。