2013-10-17 (Thu)
1ヶ月以上、放置しました。
ま、よくあることですが、
過去記事の閲覧者が多くてビックリしてます。

息子ののび太は相変わらずです。

一応、受験はありますが、
どんな成績でも高校には入学できるので
部活は高校の部活動に入部という形になり
月末の今シーズン最後の大会に向けて
まっしぐらです。

中3のこの時期に部活やれるなんて
まあ、この県立中高一貫校の特権ですね。

12月には沖縄に修学旅行。

親の私も行ったことない沖縄・・・

贅沢な(怒)


そうそう。
過去記事に拍手ボタン押して下さる方がいらっしゃるので、
あれ?どんな記事だっけ?
って読み返してみると

あー!そんなこと、あったね!
って、忘れてたのび太の
幼い頃の事を思い出してジーンとします。

やっぱりブログ、7年間、
だらだらでも続けてきて良かった~

高機能自閉症ののび太は
相変わらず高機能自閉症らしく
時にはパニクりながら、
時には失敗しながら、
未だに日本語はままならないけど(笑)
でもそれを個性としてちゃんと生きてます。

心身共に病んでる私には
まぶしいくらい、キラキラしながら
「超」個性を何とかしつつ
一生懸命生きてます。

なんと、小学生のころは
6年間でたった一度しか
放課後、友達と遊んだだけだったのに
最近、友達とカラオケ行ったり
夏休みは男女混合で(笑)
遊びに行ったりと、
フツーな中3みたいなこと、してます。

のび太みたいな個性的な子たちが
集まってる学校ですから、
ちょっとやそっとの事は
笑い話で済む気楽さがいいのでしょうか。

過去記事読んで思う事は、

発達障害だろうが高機能自閉症だろうが
それなりに成長する

ってことです。

7年前の私に教えてやりたいです。

どんなに親が悩んでも
子供はちゃんと成長して
自分の特性を体で実感して
ちょっとだけ大人が手を貸し、
心を寄り添わせてあげれば
それを乗り越える術を
自分で会得して道を拓くんだな、と。

私はのび太を信じてるから
のび太の生きたいように生きて
困った時はちょっとアドバイスして
迷ったらちょっと道しるべをつけて
行く道を自分で選ぶ力をつけて欲しい、

それだけです。

この先の方が困難なのかも知れないけど
きっと、のび太は大丈夫。

そう、思ってあげることも
発達障害児には必要だな、って
今だから思います。

私の方が今は励まされ、
勇気付けられ、沢山の事を教えられます。

今の願いは、
発達障害、高機能自閉症という
個性を持って産まれたことを
誇りに思えるようになって欲しい

それくらい、私達が愛情を示して
関わっていけたらいいな

なんて思っています。
スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(10) |