2013-05-25 (Sat)
のび太、15歳の誕生日、おめでとう。

この日を迎えられる奇跡に
感謝しています。

お母さんは、12月に死んでたかも知れないもんね。

突然、倒れて入院して、
麻痺もなく生きて病院を出られる確率が
3割程度、と言われて、のび太も、
最悪の事態を覚悟した、
と言ってましたね。

甲状腺がんの手術から一年経たないうちに
また、のび太やお父さんに
ツライ思いをさせ、
命の心配をさせ、
覚悟を強いらせ、
本当にごめんなさいね。

お母さんが今、
こうしてのび太の15歳を祝えることは
のび太やお父さんが
お母さんのことを想ってくれたからです。

人の強い想いや祈りは
信じられない力を与えてくれます。

だから、お母さんは今、生きています。

ありがとう。




のび太への想いは、
過去記事で誕生日の度に、
語って来たので、
多分7年前からさかのぼって
読んで下さい。

生まれた時から、一歳の誕生日も、
7年前8歳の誕生日も、そして今も、
全く同じ気持ちで、
のび太を100%まるごと愛してやみません。



15の君は、この前ニュースで話題になってた
「自分が好きか」
「自分に自信があるか」
という問いに、

「好きじゃない」「自信なんかない」

と、当たり前のように
お母さんに斜めに 視線を向け、言いましたね。

君たちくらいの年頃は
おそらくほとんどの子がそうなのでしょう。

お母さんだって15の頃は
訳のわからない悩みやら想いやらが渦巻いて
自分がわからないこともありました。


だけど、のび太にあんな風に
「好きじゃない」「自信なんかない」
って、はっきり言われたら
お母さん、かなりのショックだったよ。


お母さんは、のび太の生き方、好きだよ。

お母さんはのび太のことを
自信持って、
「うちの息子、良い子でしょ」
「自慢の息子です」
って言えるよ。


のび太、もしかしたら自分が
発達障害であること、
もしかしたら特別な何かあることを
知ってしまったかな?

お母さんが入院中、
発達障害関係の本やら資料やらの辺りを
読んだ形跡があったから。

それに、幼稚園の頃、
児童精神科に行ったことを覚えてる、
と、話してましたね。

あのとき、もっと鋭く突っ込んで聞いてくれたら
ちゃんとあなたの脳の特性のことを
話そうかと身構えていましたが
君は、「何故?」とは聞いて来ませんでしたね。

それは、解っていたからか、
知るのが怖かったのか、
聞いたらお母さんが困ると思ったからか…

どうだったのでしょう。


いつか、話さなければ、
いつか、知らせなければ、
いつか、君は知らなければいけないこと。


それを知ったら、君は、どう思うでしょう。

お父さんお母さんを恨むでしょうか。

少数派に産んだお母さんを、
それを君に黙っていたことを、
恨むでしょうか。

恨むなら、それでもかまいません。

恨んで憎んで君の気が晴れるなら。

だけど、お父さんもお母さんも、
ありのままの君を愛しています。

信じられないなら、このブログを
面倒でも初めから全部読んで欲しい。


どんな時でも、君のありのままを
愛して来ました。

そして、これからの未来、
君がどんな道を歩もうとも、
その愛情は変わることはあり得ません。


少数派で生まれた君はいつも輝いて
他の誰にも代えられない
たったひとりの私達の子供です。


迷った時、ツライ時、苦しい時、
暗闇をさ迷うこともあるかも知れない。

その時は、このブログを読み返して下さい。


お父さんお母さんはもちろん、
たくさんの人達に、
のび太は愛されて、手を引かれて、
ここまで生きてきたことを
思い出して下さい。


そして、君の存在自体が、
たくさんの人達の生きる支えになり、
勇気であり、希望であることを、
知って下さい。





幸せとは、
明日があることだと思います。

そして、生きる、とは、
今、この瞬間を精一杯、
ってことだと思います。

がんになり、生死をさ迷って、
今、こうして生きているお母さんは
そう思います。





お父さんとお母さんの元に
生まれてくれてありがとう。

15歳の誕生日、おめでとう。

15歳の誕生日を祝えるお母さんは
とても幸せです。
スポンサーサイト
| 母からのび太への想い | コメント(2) |
2013-05-07 (Tue)
またまた放置していました。

私は、元気、と、元気じゃない、を繰り返し、
大丈夫、と、大丈夫じゃない、を繰り返し、
ツライ、と、平気、を繰り返し、
なんとか頑張っております。



体調、というより、精神状態の調子があって、
ま、体調=精神状態、でもあるわけですが、

病は気から…というよりも、
気は病から…な自分を生きてます。


そんな中、のび太は陸上シーズン到来♪

もう、頭の中は、妄想で世界記録跳んでます(笑)

夢中になれるものがあるって
いいことだな~って、しみじみ。


なかなかパソコン開く気持ちになれず
スマホからです。

スマホからコメントのお返事書くのが
イマイチ大変で失礼してます。
ごめんなさい。
でも、ありがとう。嬉しいです。

また、気持ちと体の余裕があったら
体調やらの詳細を記事にしますね。


お返事書けませんがそれでも良かったら…
一応コメント欄、空けておきます…

では、みなさんもご自愛下さいませませ。
| 母のつぶやき | コメント(2) |