-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-19 (Thu)
最近、のび太は「いじられキャラ」「自虐ネタ」で
笑いを取る事を覚えたらしい。


自分のちょっとした見た目の特長を
いろんなところに関係付けて笑いを取る・・・



まるでお笑い芸人並みの身の削り方(笑)



それも、ある友達Gくんが見本らしい。

Gくんは「いいヤツ」だがルックスが特徴ありすぎで
その特長からたくさんのあだ名をつけられているらしい。

しかし、Gくんはそれを逆手にとって
自分を笑いのネタにして人気者なのだとか。





なるほど。

自分でその特長をもじったあだ名をネタにすれば
面白くもなるし、笑ってもらえる。

自分で言うのだから全然嫌な気持ちにならない。


そればかりか周りが盛り上がるのだ。





自ら、ネタになる自虐的な話を提供し、笑ってもらう。






しかし、いくら本人もネタにしているから、とはいえ、
周りも悪ノリして、からかう言葉も度が過ぎて
のび太としても自尊心が傷ついたことがあったらしい。


そんなときは、担任の先生に連絡ノートで相談していたようだ。

親に言うよりも先生に相談していたのか。



でもまあ、ちゃんと「ヘルプ」を出せるようになったと言う事は
これは成長である。






のび太は今、この自虐ネタでいじられキャラの座を確立し、
気持ちがとても楽だ、という。


そして、笑われてもいい(傷つかない)限度を
ちゃんと自分の中に持っていて、
それ以上、踏み込まれないように設定しておいて、
嫌なポイントに踏み込まれそうになった時に
ちゃんと相手にけん制でき、防御できるよう
準備さえしておけば、とても快適らしいのだ。







夕べ、夕食の時にのび太はしみじみ言った。



「笑い、ってすごいよね。
 前はすごく嫌で悲しかったことでも、
 自分で言って笑ってもらえると
 嫌だった気持ちが吹き飛ぶんだよね」




すごいな、のび太。





まるで「アメトーーー○」に出てくる芸人さんの言葉みたいで
笑ってしまったよ。



だけど、そんなのび太はカッコいいと思います。







スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(3) |
2012-01-05 (Thu)
新年を迎えました。

昨年、あまりにも辛い事があったために
今年ばかりはめでたい挨拶に抵抗があるので

「笑門来福」くらいがちょうどいいご挨拶かな?






年末に、三者面談と言うものがありました。

夏に続いて二度目。



小学校の時の面談(先生と親)では話したいことが山積みで
順番も最後に取っていただき
他の人よりかなり多くの時間を取ってもらっての
面談をしてきた私ですが、

夏の三者面談は2,3分で終了(笑)

心配事がないと、面談ってこんなにさっさと終わっちゃうのか、

と、ビックリしたのですが。




で、今回の面談。

先生「え~、のび太さんの先日の模試の結果はこちら。
 で、順位は○番。大丈夫ですね。

 分野別の成績がこちらで、
 国語の文章読解と英語のヒアリングを
 もうちょっと頑張れば・・・」



ふ~ん。

読解力って、どうすれば力がつくんだろう?

私なんか国語なんて一切勉強した事なかったけど
国語だけはほぼ満点だった。

読解力って頑張れば身につくのかな?



私「読解力ってどうやれば身につくんですか?」

先生「う~ん、読書・・・かな?」
(担任は音楽の先生ですから・・・汗)




読書で読解力ってつかないだろう?

私、中高生の頃なんて全く読書なんてしなかったけど
国語の成績だけはよかったぞ(笑)



私「英語のヒアリングとかは・・・?」

先生「う~ん・・・・・」

私「ヒアリングとかってどうしようもないですよね?
 家族も誰も喋らないし・・・(苦笑)」

先生「(笑)そういう教材を使ってみるとか・・・」

私「・・・・・(はぁ?)
 勉強とかは本人がその気になればやると思うんで 
 本人の人生なので私は特に勉強を強いるつもりは
 全くないです。
 宿題とか課題さえちゃんとやれば・・・」






何だかやる気のない母親丸出し(笑)



先生「あと、何か相談とか要望とかありますか?」

えっと・・・

特にないんだけど、ここまでで5分も経っていないよね(笑)

あああ・・・


要望と言えば・・・




私「ほら、のび太、部活の事、相談してみたら」

仕方なく(笑)のび太に話を振る(笑)



なんとか部活のことで時間をやり過ごしました(笑)







後日、この面談でのやりとりをMちゃんママに話したら、


Mママ「えええ~だめだよ~(爆笑)
 ヒアリングとかどうしようもないですよね、とか
 勉強を強いるつもりはない、なんて断言する親、
 このP中学にはいないだろうね~
 でも、いいよ~そういうユルユルな親って
 他にはいないだろうから良いと思うよ(笑)」


確かに。
 





お医者様やら学校の先生やら議員さんやらのお子様達が
県内から集まってくる進学校に
こんなヤル気なしの親、いないだろうね(笑)


ま、いいじゃん。




そんな年末、でした。




年始の話は、また、別の機会に。





| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(13) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。