2011-06-29 (Wed)
大雨洪水警報が出ていて
前日からの雨がとんでもないことになっていたある日。

震災で緩んだ土地が
あちこちで崩れかけるほど降った。



朝、のび太を車で送っていき、
帰りも迎えに行った時のこと。






小降りになってきていたので
学校のロータリーのところで待っているように、

と、迎えに行った。



ロータリー脇にある花壇のところで
のび太が同級生らしき少年と
談笑しながら待っていた。


同級生らしき少年は
花壇にじょうろで水遣りをしていた。




夕べから、低い土地は冠水するほど
雨が降っていたというのに

今もまだ、小雨とはいえ、降り続いているのに、


花壇にじょうろで水を撒いていた・・・










車に乗り込んできたのび太に、



「ねえねえ、散々、雨降ったのに
 花壇に水、やらないといけないの?」



と言うと、





「だって、係りの仕事だもん!
 やらなきゃダメでしょ!」








あらら。



なんだか、






この学校、





やっぱり、








のび太ととってもよく似た人々が






集まってきているのかも~♪











スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(6) |
2011-06-27 (Mon)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 |
2011-06-27 (Mon)
単なる主婦なのに、
何故かいろいろと忙しい毎日であります。

真夏日!の次の日が19度・・・
なんて事が続き、

久々に本格的な風邪などひいてしまいました。







非公開記事(パスワード制)についてですが
過去記事に何度もお断りをしていて

トップページにも注意書きを入れているのですが

それでもまだ、

「パスワードを教えてください」というメッセージを
次々いただきます。


改めて記しておきますが

パスワード制の記事の読者はこれ以上増やすつもりはありません。

何度、ご連絡いただいてもパスワードをお教えすることは出来ません。



「パスワード教えてください」のメッセージを下さった方々への
お返事をこの記事に変えさせていただきます。

あしからず。





| このブログの注意書き(必読) |
2011-06-20 (Mon)
小学校の時はのび太は異質だった。




ゲームをしない

マンガはドラえもんとケロロ軍曹しか知らない

勉強が好き

大人でも難しい事を知っている

放課後、友達と遊ぶのが苦手




ゲームの話題にはついていけず、
マンガの事も知らず、

それに反して難しい漢字を知っていたり、
日本史の事なら大人でも知らない事を
知っていたりするものだから



あら、のび太くんのおうちって厳しいのね

とか、


遊びは禁止で勉強ばっかりさせてるんでしょ

とか、


あることないこと、言われた事もあったし、

ゲームの話が通じないからと言って
仲間はずれにされる事なんかしょっちゅうでした。


だからといって、

ゲームしたい訳でもなく、マンガが見たいわけでもなく、

それよりも漢字や歴史や難問数学に
魅力を感じていただけで、


興味 というものは、人それぞれで、
子供はみんな、ゲームやマンガが好き、

という多数派の思い込みが、

私たち親子を傷つけたものでした。



お年玉で買うものは参考書や地図や漢字検定の問題集で、

ゲームの攻略本やコミックを買う同級生の感覚と

何一つ変わらないワクワク感でそれらを選ぶのび太を

何故、批判的に見られるのか、不思議でした。





P中学に入学したら、

のび太と同じように漢字検定3級を持っていて
2級を目指している子がいて(のび太は4級)
「ボクも負けたくないから2級を絶対に取る!」
と張り切っているし、


徳川15代将軍を全部言える人は
「ボクだけじゃなかった」らしくて、

「でも、ボクは全員の生没年を言えたから
 みんなに『スゴイ』って言われた」

とか言ってるし、




「○くんは理科がすごく詳しいんだよ。
 元素記号とか全部知ってるんだって。
 ボク、全然、わかんないのに、すごいよね」

っていう子もいるし、



「○さんは帰国子女でもないのに英語ペラペラなんだよ。
 ほとんどの言葉を英語に出来るんだって。
 英語でわかんないことは○さんに聞けばバッチリ」

っていう子もいる。





のび太は今、P中学が居心地いいらしいです。



漢検1級の難読漢字の話をしても通じる子はいるし、

冗談を歴史上の人物に例えたら
ちゃんと理解して笑ってくれる人もいるし、

自分の知らないことを深く知っている人はたくさんいて、
負けたくない気持ちに火がつくのだそうです。





嵐ファンの女の子はいっぱいいるけど
嵐を知らない女子もいるし、

AKBファンの男子もいるけど
知らない人も結構いるものだから、
知らないからと言ってバカにされる事もない、



揉め事が起こりそうになると、

「お前が悪い。謝って仲直りしろ」と、

ちゃんと見ていて正しく裁いてくれる子もいて、

安心していられるのだそう。




今、大会期間中で学校全体が部活動に熱くなってるらしく、

のび太も、



「今はとにかく少しでもいい記録を出したい!」

と言って、

休みの日でも走りこんだり、
スパイクのピンを変えてみたり、
部活動に一生懸命です。







いいなぁ。

青春だ。





うらやましいなぁ。










 
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(6) |
2011-06-17 (Fri)
先日の事、

7時過ぎても帰らない、
旦那の方が先に帰ってくる・・・

心配になって、旦那にのび太の様子を
車で見に行ってもらった。



「大丈夫。銀行のあたりをダラダラ
 自転車こいでた」


部活でヘロヘロらしい。

銀行のあたりなら自転車で10分もあれば帰るだろう。







・・・・・遅い・・・・・

気がつくと7時半。

遅い!


と思ったら、ズルズルと自転車を引いて
帰ってきた。



「おかえり」と外に出ると、


「おかーさーん・・・ごめんなさーい・・・」

泣いてるし(呆)


「自転車パンク~。
 おまけにパンクしてるのわかんなくて走ってたら
 転びそうになってガードレールに制服こすったぁ~」


見ると制服のズボンは上から下まで
真っ白にこすった跡・・・ガーン!

夏用の制服にしてまだ4日しか経ってないぞ!


おまけにパンク・・・



どうやら落ち着いて話を聞くと、
震災でデコボコになった道路は自転車を降りて
歩いて通っているのだが、

そこは平らだから大丈夫だと思って通っていたら、
実は小さい凹みがあって、そこにタイヤが取られ、
その時そのアスファルトの凹みの角で
パンクしたらしい。

で、パンクに気づかずそのまま運転しようとしたら
実はパンクしていてハンドルを取られて
脇のガードレールに横倒しになり
制服のズボンをガードレールでザーッとこすった、

と言う事らしい。


それもお父さんが車で見に行った直後(爆)





それにしても遅かったのは、
往復一時間以上歩いて競技場で部活して
(競技場へは自転車禁止、と言われたらしい)
下校時間が過ぎたので走って帰れば
陸上部が競技場で活動中という事を知らない先生達が
校門で仁王立ちしていて、そこで叱られ、
ヘロヘロで自転車40分帰ってきたところだったのだ。

とにかく、散々だったのび太。



怪我がなかったことが幸いだったか。




制服のガードレール跡は
クリーニング技術のおかげできれいになった。





4日しか着ていない夏の制服も無事に復活。








・・・・・と思っていたら、



今度は13日しか着ていない制服に
とどめを刺しやがった(怒)

ついに穴を開けてきやがっ





ため息しか出ない・・・(呆)




「お母さん、ほんっとにゴメンナサイ!」


「・・・・・で、今度はどーした?」


「転んだ。自転車で、歩道と車道の境目の縁石に
 ぶつかって転んだ」


「で、他の車とか自転車とか歩行者とかに
 ぶつかったりしてないの?」

「してない。僕、ひとりで転んだ」

「怪我は?」

「膝。この穴開いたところ、すりむいただけ」

「・・・・・ま、怪我がなくてよかったよ。
 もし、車とか通ってたら危なかったし、
 転んだ弾みとかで誰かにぶつかってたら大変だったんだよ」





怒り狂いたい衝動を抑えつつ(笑)
母親として我が子の身を案じてみたりした(汗)





しかし・・・

それにしてもさ、




自転車でそんなに転ぶかなぁ~?





部活でヘロヘロなのは解るけど、
注意力なさ過ぎだろうよ。




新しい2週間も経っていない夏の制服のズボンは
膝にポッカリ、穴・・・。



制服の膝に穴あける・・・って、
聞いたこと無いけど(呆)




車通りの多い道路を避けて通るように言ってて
ホント、よかったよ。






他にもね、ここに書けないのび太の失敗談も多々アリ、
なんというか、社会的な生活力の無さを
痛感するこの頃。



これか。

これがASの弱さなのかもな~。





中学生になって親の手を離れつつある・・・

のが大半なんだろうが、

なんか、余計、手はかかるし心配も倍増してるし。




気持ちが落ち着く暇も無い今日この頃・・・







・・・ってか、「3年間、無料お直しします」
って言われたけど、
それって、裾の長さだけ?

こーゆー不慮の穴(笑)も無料お直し対象なのか?






はぁぁ・・・
















| 自閉症について思う | コメント(14) |
2011-06-14 (Tue)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 |
2011-06-14 (Tue)
なんかいろいろと小さい雑事が次々あって
忙しい毎日です。

いっぱい記事にしたいことがあるのですが
なかなか暇がありません。



でも・・・

これ、記事にしよう、ブログに書こう、

って思う事はあるのですが・・・



やはり中学生になると公開記事にすることが
難しくなってきますね。

それに、具体的なことを書くと
個人を特定されやすい事柄ばかりで
う~ん・・・ブログって難しい。



今後は記事によっては
数日間だけ公開し、数日後には非公開にするとか、
始めから非公開記事として残すか、
そんな感じの記事が多くなると思いますが
どうかご理解いただきたいと思います。



~追記~

 なお、ブロともに関してですが
 申し訳ありませんが
 新たにブロとも申請をする予定はありません。

 限定記事に関しては、これ以上の読者を
 増やすつもりはありません。

 申し訳ありませんがご理解をお願いいたします。


| このブログの注意書き(必読) | コメント(10) |
2011-06-06 (Mon)
「ボク、友達に『調子に乗ってるでしょ』って
 言われたんだよ」


と、ある日、困惑した様子で言うのび太。




「友達に『テスト、何番だった?』って聞かれたから
 答えただけなのにさ」






先日の定期テストの結果が出て、
のび太は10番以内に入っていたようだ。
(学年80人中)

「おおお~!頑張ったじゃん!」

という言葉は、出ない。


だって、決して頑張って勉強している感じは
なかったんだもん。


「おおお!スゲーじゃん」

って、言ったけど(笑)



「なんか、すごいけどさ、悔しいでしょ?
 もっと真剣にやっておけば・・・って思うでしょ?」


と言うと、


「うん、正直、ちょっと思った」





で、何せ初めての定期テストで
みんな周りがどの程度の成績か、
気になって気になって仕方がなくて
「おしえて~おしえて~」みたいになったらしい。


断れない、イヤと言えないタチの、のび太。

「何番だった?」

と聞かれれば、簡単に教えちゃってるらしい。



だって、順位が発表される前の答案が返された時に、
のび太から聞かされる前に
同じクラス同じ部活のMちゃんのママから

「今、のび太がどれだけいい点数だったかを
 Mが旦那に教えてるんだけど、すごいね~」

ってメールがあったくらいだから(笑)



順位もそんな感じで聞かれるたびに教えていたのだ。


それで、聞かれたから教えたのに

「調子に乗ってる」って言われた、

と、ちょっとブルーになってるし(爆)





「だからさ、聞かれるからって誰にでも教えるからだよ。
 そういうことは簡単に教えないんだよ。
 すごく個人的なことでしょ?
 『個人情報』なんだよ」

「う~ん・・・そうか。
 でもさ、ボク、思ったんだけど、
 ボクっていつも笑ってるような顔してる、
 って言われた事あるんだけど、
 だから『調子に乗ってる』ように
 見られるんじゃないかな、って」



ほほ~。

自己分析するようになったか。


「ん・・・まあ、そうかもしれないけど
 とにかくそういうことは簡単に教えるものじゃない
 ってことだよ。

 『内緒~』とか『秘密』とかって
 断れるようにならないとね」




と言っても、なんか、納得できないようなのび太。


人との距離の取り方を学習せねばならんだろうね~






・・・と言っても、説明できる事じゃないし、
どーしたらいいものか。

身を持って失敗したり、傷ついたりして、
学習できれば良いけど、のび太タイプは学習できるのか・・・?














| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(8) |
2011-06-03 (Fri)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 |
2011-06-01 (Wed)
学校が楽しい、と言うのび太。



部活も友達も勉強も全部、楽しい、と。




ASタイプの子を持つ親が最も心配な事は
なんといっても友達関係。

いじめの経験もあるし、ねちねちと嫌がらせを受け続けて
辛い記憶は消える事はない。

だからこそ、心配。



テレビドラマなどでよくある、
中高生のいじめのパターンや、
先輩からひどいことをされる映像を見て

「ああ、中学校であんな風にされたらどうしよう」

などと気をもんでいたのだけど、
実際はP中学の子たちは温和でとげのない雰囲気。

部活でも先輩後輩の上下関係も厳しさはなく、
逆に「もっと上下関係はしっかりしてた方がいいのにな」
なんて思うワタシ。



こういう点を考えれば、地域の中学よりも
のび太にとってはP中学のような学校の方が
絶対合っているんだと思う。

おそらく、のび太のような数学好きな子、
勉強好きな子がいっぱいいるんだろう。




「友達ともいい感じなんだね」

と言うと、

「うん、チョー楽しい。
 ボク、『いじられキャラ』で行こうと思って」

だって。


なるほど。

のび太は相手に迫っていくタイプじゃないし、
マイペースで他人に余り興味があるほうじゃないし、
相手にしてもらって受け身で返していくタイプだからね。

いじられキャラ、か。


「へえ~いじられキャラね。
 でも、いじられ過ぎて嫌な気持ちにならないように
 ある程度、バリアは張った方がいいよ」


と、余計な母の一言に、


「わかってるってば。
 ちゃんと余計な一言にはクレームつけてるから。
 クレームつけるとみんな「あ、ごめんごめん」って
 言ってくれるんだよね。
 それに『いじられキャラ』は楽だし。
 ボクは友達をイジルことはできないから
 この方が楽しい、ってことが解ったから」




なるほどね。

ちゃんと、自分が周りからどう見られているか、
どう振舞えば良いのか、考えてるんだ。




いろんな経験をし、辛い事も悲しいこともあって、
新しい環境で自分がどう生きていくか・・・



自分なりに考えたキャラ設定で
のび太は中学生活を満喫しているようです。











PCが復旧いたしましたのでコメント欄をオープンしました。

お返事は遅くなる可能性はありますが・・・



また、メール等、たくさんいただきありがとうございます。

たくさんありすぎて一人一人にお返事が出来かねています。

ゴメンナサイ。


この先、コメント欄の方で交流できたら嬉しいです。



 
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(12) |