-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-04-13 (Thu)
めっちゃお久しぶりです。

もう、このブログも閉鎖しようかな
と思っていたのですが、

時々、10数年前の私みたいな方から
メッセージが入ってたりすると、

まあ、更新しなくても
どなたかの目にふれて
なんだ、この親子、笑える〜
とか
なーんだ、うちの子と一緒じゃん!
なんて思って頂けてるなら
放置しとこうかなあ、と
本当に長らく放置しておりました。

のび太は無事に大学生になれました(笑)

秋にAO入試で
某国立大の某学部変人学科に
合格してました。

センター試験なんかでは
のび太みたいに成績の凸凹激しい人は
まあ苦しいですから
ピンポイント集中受験勉強で
それはそれはものすごい集中力で
頑張っていました。

余りにも気持ちが入り過ぎて
合格発表が近づくにつれ
顔色悪くなって体調崩すほど(笑)

でも無事に
のび太の第一希望のところに
入学できて良かったっす。


ひとり暮らしが怖い(笑)
ごみ屋敷になる可能性大(笑)

早速、クローゼットに洗濯干してましたよ(笑)

こんな感じで少しずつ
自立出来ますようにと
あとは願うばかりですな。


私の方は相変わらず
幼稚園の個性豊か子達の支援員を
続けています。

体力的にはギリなんだけど
子供たちが可愛くて辞められない!

ああ、のび太もこうだったな、
いやー、のび太はこんなに
大変な子だったんだなー、
なんて思いながら
毎日汗だくで頑張っております。


のび太が家にいないので
幼稚園の子供たちが
余計に可愛く思えてくる(ムフフ)



近況はこんなところです。

またいつ更新するか不明ですが
のび太のオモシロひとり暮らし情報を
残していきたいなあ(笑)
なんてね。



スポンサーサイト
| 我が家のひとコマ | コメント(1) |
2010-12-09 (Thu)
なんだかわからんが、数日前から妙な不安感があった。

なんだ・・・・・?


いつもなら、その「不安感」を感じられた。

「あ、私、あの事を心配しているから不安なんだ」と。



例えば、参観日で学校に行かねばならない、とか、
ご法事がある、とか、
期日のある手続きをしなければ、とか。



しかし、今回は全くわからない不安感でいっぱいだった。




昔から、たまにあるのだ。

嫌なことが起こる前触れを感じるのか、
この不安感は間違いなく、何か「起こる」予感だ。









で、









昨日、車を派手にぶつけた。

といっても、事故ではない。

駐車場からバックで出ようとしたときに、
後方のセレブ風なピカピカ光る黒の車ばかり気にして、
駐車場の柱に自分の車の前方脇をこすりながらバックしていた。


何の音だろう?と思ったら、
自分の車と鉄骨の柱がこすれあう音だった(笑)

気づくと、おそらくその音に反応した人々が
こちらを注目していた。

注目の的の中、車はボコボコになっていたようだ。




一旦、その場を退き、駐車場の別の場所に止め、
降りて車を確認してみた。


・・・・・・・・・・やっちまった(激汗・・・)


しばし、車中で考えた。


まず、車のディーラーに行ってこのボコボコはどんなものか、
見てもらおうと思い、
ボコボコ車を運転し、ディーラーへ。



「う~ん・・・バンパーは全体に色を塗りなおし、
 タイヤの上の横の部分は全部取り替えないとね。
 まあ、10万かな~」














10万!!!!!











妙な底知れぬ不安感は、どうやらこれだったようだ。




家のローン地獄の我が家(笑)

ボーナスが入っても入った途端に
自分たちの手元から消えていく我が家(笑)

その上、のび太の塾の「冬休み追い上げ講座」に5万5千円・・・


「10万」と言われた瞬間に頭の中で
出来ない計算をしようと頑張る私の脳みそ(笑)




完全に、パニック。



コンビニの駐車場に止め、写メでボコボコ部分を撮影し、
その画像を添付し、旦那に事の次第をメールで連絡。

何度も「ゴメンナサイ」の文字を打つ(笑)


しばらくして旦那から電話。

でも、こういうことで、というか、
どんな事でも旦那は私のマヌケな失敗を責めたりしない。

「あ~そう。うんうん。そうなんだ~。
 困っちゃったね。でも仕方ないね。
 ま、何とかなるでしょ」

って感じ。



多分、旦那はこの、まだローンの残っている車を
たとえ大破させたとしても、責めたり怒ったりしないだろう。


今まで、私は旦那に無言で教えてもらってきた。

故意ではない失敗を決して責めてはいけない、と。

私は故意ではない失敗をも罵倒されて育ったので
旦那の物事の受け止め方に、始めは戸惑った。

しかし、それは、のちに、のび太を育てるに当たっての
大きな「学び」だったと思う。



~故意ではない失敗を決して責めてはいけない~



これに反して、自分が幼い頃されたのと同じように
故意ではないのび太の失敗を責めて育てていたら、
と思うと、恐ろしささえ感じる。








帰ってきたのび太に事の次第を話した。

「あああ~やっちゃったね~♪
 10万?!スゲ~!
 宝くじ、当たればいいよね~」








「妙な不安感」は、この家族の中で薄れていく。




帰ってきた旦那は、

「良かったよ~
 ボコボコになったのがお母さん(まっぷー)じゃなくて(笑)
 車が我が家の不運をかぶって傷ついたと思おうよ~」




続いていたドロドロの不安感はこの家族の中で
浄化されていくのだ。















ところで、10万はどーするっ?!

ひぇ~~~っ!!!











| 我が家のひとコマ | コメント(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。