2012-05-22 (Tue)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 母のグチ |
2012-04-17 (Tue)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 母のグチ |
2012-04-12 (Thu)
お久しぶりでございます。


無事、手術も終え、手術から5日後には退院できました。

順調のようですが、これがなかなか、
手術の後遺症というか、どうしても起きてしまう
術後の体調不良で、ちと、辛い日々を送っております。



でも、大丈夫ですよ。


主治医からも、この辛さは絶対に改善する!
と、お墨付きもいただいているし、
とても信頼できる安心できる病院だったので
全ての辛さわがままを受け止めてもらえて
過ごしています。



新学期、のび太は元気です。

私の退院とのび太のインフルエンザが重なって
旦那だけは心身ともに疲労困憊の日々だったと思われます(笑)


のび太は相変わらず、自分の心の向くものに
真剣に取り組んでおります。

母の病状もちょっとは心肺だったようですが、
イマイチ、実感としては・・?

いや、でも、かなり動揺したとは思うけど。




それでも、どんな時でものび太は自分のペースを
守り通しております。

いいです、のび太は。

周りに振り回されることなく、自分の意の向くまま、
突き進んで欲しいので、今のままでいいんです(笑)




というわけで、皆さんから
コメントやらメールやらいただきましたが
全て、この記事をお返事と変えさせていただきます。

申し訳ありません。

まだ体調が万全ではなく、ダラダラゆるくしか生活できません。

愛犬ロックの散歩もまだ、不安で出来ない状態ですので
どうかお許しを。






以上、近況報告でした。




追伸・・・コメント欄は開けておきますが、
     お返事は期待しないで下さい。
     気まぐれでちょっとだけお返事するかもしれませんが
     全ての方にお返事は出来ないと思います。
     お返事なくてもいい、という方だけ、
     コメントしてくださいますようお願い致します。

     また、メールに関しても同じです。
     メールだったらお返事くれるでしょ?
     って、思わないで下さい。
     申し訳ありませんが体調は良くない状態です。

     コメントもメールもお返事を期待される方は
     ご遠慮願います。


| 母のグチ | コメント(8) |
2011-12-06 (Tue)
「ボクは真面目ないじられキャラなんだ。
 今のクラスではそういうポジションで
 すごく楽なんだ」



入学間もない頃から、そんなことを言ってたのび太。




だけど、最近、

「真面目な事をからかったりするのが
 全然、理解できない」と言う。



中学生と言えば、
ちょっとイケナイことをしてみたくなるお年頃。

学校にお菓子をこっそり持ってきたり、
禁止されているのに友達同士でカラオケに行ったり、
そういうことをするのを
少し自慢げに話したくなってみたり。



それを注意すると、

「真面目ぶってる」とか
「ツマンナイ人」とか言われるそうでして。




「ボクさ、相手のことを悪く言ったり
 突っ込みみたいなこと、言えないんだよ。
 だから、自分がいじられて突っ込まれて
 それで周りとうまくやっていけそうな気がしたし、
 それが楽だったからよかったんだけど
 真面目なことを否定されるのは
 全然、意味わかんないし」





だろうね。

のび太にはそういう心理は理解できないだろう。

まあ、私も理解できない。


でも、経験上、そういう人たちとたくさん関わってきて
やっぱり、若い頃はそういうちょっとマイナスなことに
憧れたりするものなんだ、と言う事がわかった。

スカートの丈が長すぎたり短すぎたり
ソックスの長さだとか
パンダみたいなメイクとか
人種の壁を越えた色黒さとか(笑)


大人には理解できない流行も
その時代にその年代に生きる人にしか
感じられないものなのだろう。



フツーの感覚の人々には。




でも、そういうことは、
若い人だけが罹るインフルエンザみたいなもんで、
その年代を越えれば落ち着いてくるものだ。




しかし、別の意味で落ち着かない人もいる。


私は理解できないまま大人と呼ばれる歳になって
流行りものに対してだけじゃなく
大人と呼ばれる人たちでも
何かにつけ相手を否定する人は
たくさんいると言う事もわかった。


そういう人たちは、

「自分と対極にいる人を否定する事でしか、
 自分を肯定できない人」

である、ということを感じた。








それは、おそらく、若い頃の「自己主張」から来る
反逆的な行動とか、
大人から理解されない流行を追うのと
なんら変わりない幼児性性格の表れでもあるような気がする。



あの人、おかしいよね~
って言う、自分は正しいでしょう?

あの人、真面目くさって面白みがない人~
って言う、自分はチョイ悪でカッコいい大人でしょ?

のび太くんみたいな子をP中学受験させるなんて~
って言う、私は我が子を勉強勉強って言わずに
健全に育ててるわ~!ね?でしょ?



みたいな(笑)






誰かを否定しないで
「自分」を生きていくことが出来ないのか?


何とも、歪んだまま歳だけ食ってるって
悲しいだけにしか見えないのだけどね。







| 母のグチ | コメント(4) |
2011-09-26 (Mon)
前の記事のコメントのお返事書いてて思い出した。




のび太がP中学に合格してからというもの、
小学校で一緒だった同級生のお母さん方の一部から






シカト、されてます(笑)






P中学の受験、不合格だった子の母親(笑)



みんなじゃないよ。

不合格でもいつもどおりにしてくれる人だって
もちろんいるけどさ、


2,3人の不合格グループの母親達から、シカト(笑)



なんで?

意味わかんないし。


まるで、子供のいじめと一緒って感じ。





えっと、私、
のび太の同級生の親同士で受験の話も一切しないし、
合格したことも言ってないしね。






まあ、しょっちゅう会うわけじゃないし、
もう、私も関わるつもりなんかないし、
っていうか、元々、そんなに
親しく付き合ってたわけでもないから
シカトされたからといって何も変化もないけど、


一応、大人じゃん、私(笑)

だから、参観とか懇談会とかであったり
嫌でもスーパーとかで会っちゃう訳でしょ。

そういう時は挨拶するでしょ?

挨拶されたら普通、挨拶し返すでしょ?

それが、シカト(笑)





なんでじゃ?





のび太が、あんな子なのに合格しちゃったから
悔しいのか?



まあ、一緒にP中学に合格したAちゃんのママも
あからさまにイヤミを言われたらしいし。

「うちの子、勉強だけしてた子と違って、
 スポ少もすごく頑張ってたからね。

 勉強もスポーツもふたつ頑張ってることを
 加味してくれれば絶対合格なんだけど」

って言われたんだって。

言い訳しなくていいんじゃね?



おまけにその後、

「でもさ、P中学とかだと勉強勉強で
 いろんな経験とかいろんな友達との関わり合いとか
 希薄になっちゃうよね。

 だから地元の中学の方が長い目で見れば
 子供にとってはいいのよ」



・・・・・そう言いつつ、P中学受験したんでしょ?



まあ、私はAちゃんママみたいに
直接イヤミを言われていないし、
ただ単にシカトですから、いいんだけどね。










ううう、浅ましい。


なんか、人って恥ずかしい。




こんな人にならないように、気をつけよう。










ちなみに、子供たちはそんなこと、しないよ。


のび太とその子たち一緒に
夏祭りに遊びに行ったくらいだもん。





親の惨めさ加減が悲しくもあり、
理解不能でもあり・・・




自戒しましょ。

















| 母のグチ | コメント(8) |