-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-12 (Wed)
思い出した。

ずーっと忘れていた。
というより、記憶を封印していたのかもしれないが。



私は旦那と結婚した頃、しょっちゅう吐いていた。

今思えば、幼い頃の自家中毒や自律神経失調症と
同じ症状だと思う。



結婚にまつわる、もろもろのあれこれや
それに伴う、実家の親の訳のわからない主張や、
旦那の実家の「こういうときは○○するものだ」
という、自分達の狭い世界のしきたりの押し付けや、
自分の仕事もかなりハードワークだった時期も重なり、

許容量をかなりオーバーしていたのだと思う。




それは、今だから、わかる。


のび太を出産し、
のび太の成長の疑問が自分のそれと重なり、
のび太が診断され、自分も診断され、

そして、それらの自分の運命も
ちょっと愛せるようになって来た今だからこそ

あの日あの時の自分の精神状態も
客観的に把握できるし考えられるのだと思う。




一緒に住んでみたらこんなにも脆くて弱い私に
きっと当時の旦那は困惑していたに違いない。

こんなヤツだと思わなかった、とか
メンドーなオンナと結婚しちゃった、とか

思われても仕方ない人間だったと思う。




それなのに、なぁ~んにも言わなかった旦那。


急に訳のわからないことで泣き出してみたり、
つわりでもないのにしょっちゅう吐き戻したり、

そんな私の行動も

「吐いたって大丈夫~
 出した分、食べれば良いじゃん」

とか、笑い飛ばしてた旦那。


急に気持ちが不安定になって泣き出したときも

「ハイハイ。
 泣くとスッキリするからね~
 思う存分、どうぞ~」

という感じだった。







この人は、一体、どーゆー人なんだ?!

うちの母親みたいに、こんな弱い人間はダメだ!
って、どうして罵倒しないんだろう?!

と、不思議に思っていた。


変人?とさえ、思った。





旦那とは、高校の同級生だ。

当時はほとんど話したこともなく、
ただのクラスメートだった。


しかし、今だから言うけど、
・・・というか、こんな風に言うと、
「それは今だから言うんでしょ?(笑)」
なんて思われるだろうけど、

クラスメートだった時から、

「この人は魂が綺麗な人」

と、感じていた。



のろけ話じゃないよ(笑)

当時、マジメにそう思ったのさ。



だからと言って、恋愛感情もなく、
友人関係すらもなかったが。





自分の旦那に

「魂が綺麗」だなんて、
おっぱずかしすぎて誰にも言えないが(笑)
本当にそうなんだと思う。


なんのこだわりもなく、ありのままを受け入れられる人。

いいことも悪い事も
全てを飲み込んで浄化してしまうかのような
潔さを感じてしまうのだ。







だから、のび太の障害がわかったときも

「へえ~」って感じだった。

「だから何?そんなの生きてく上で
 なんの問題もないでしょ~」

みたいなね。





で、知ってる事は喋らずにはいられないのび太の
うんちく話も、ちゃんともれなく、

「うんうん。
 へぇ~そうなんだ~」とか

「おお~のび太はすごいね~」とか
 
ちゃんと相手してくれる。



私なんかは聞いていなかったり、
聞いていてもめんどくさい時は無視しちゃったり
自分がほかの事に集中してたりすると
「うるさ~い!」とか言っちゃうのに、

旦那は全てを受け止める。





だから時々、旦那というフィルター越しに自分を見ると
ドロドロでダメダメでサイテーな人間に見えてしまう。





小2で父親を亡くし、
そのショックからか
父親の記憶もそれ以前の記憶もなくし、
義母いわく
「イタズラはいっぱいした子だけど
 何一つ口答えもしない、文句も言わない子だった」
という旦那。



一体、どうしたら、そんな風に生きられるのか?


どこまで行けばその境地にたどり着けるのか?



自分の旦那ながら、
果てしないところにいる人のような気がしてしまう。








スポンサーサイト
| のび太のパパ | コメント(0) |
2010-04-09 (Fri)
先日、のびパパ(旦那)が夜、帰宅すると、
すぐさま、のび太が玄関で出迎えた。



「お父さん、お願いがあるんだけど」


おかえりなさい、も言わずに切り出したのび太。




「タバコ、止めて欲しいんだけど」




いきなりののび太の直訴に絶句するのびパパ。






実は2,3年生の頃だったか保健室の前に貼ってあった
「タバコを吸う人の肺と吸わない人の肺」の
レントゲン写真と
肺がんになりやすいという説明のポスターを見て
ショックを受けたのび太は
その時も涙ながらにのびパパに
「タバコを止めて」と訴えたのだ。

しかし、願いは叶わなかった(笑)





先日、くも膜下出血で亡くなられた
某球団のコーチの方のニュースを見ていた。

若くしてくも膜下出血で亡くなる・・・
というショッキングなニュース。

テレビではくも膜下出血になりやすいタイプについて
話題になっていた。

ビールを毎日中ビン1本以上飲む人、
30代~50代の働き盛りの人・・云々・・・


その項目の中に「タバコを一日10本以上吸う人」
というのもあった。




「お父さん、毎日、ビール飲む?」

「うん、でもお父さんはビールの350ミリ缶、
 1本だけだしね~」

「じゃあ、タバコは1日何本吸うの?2本くらい?」


んなアホな(笑)高校生のイタズラじゃあるまいし(笑)


「じゃあ、3本くらい?」

「(爆笑のワタシ)
 何本かはわかんないけど、
 確かにタバコは百害あって一利なしっていうから
 吸うよりは吸わない方がいいよね~」



「・・・・・・お父さん、『くも膜下出血になりやすい人』の
 項目に、全部当てはまるよっ!!!

 ・・・・・ぼく、お父さんにタバコ止めてもらうように
 お願いするよ!」



ふと、のび太を見ると、目にあふれんばかりの涙を溜めていた。

今にもこぼれ落ちそうなのび太の涙・・・



こののび太の大好きなお父さんを思う涙を見たら
さすがののびパパもタバコを止められるかもしれない・・・







その日、いつもは夕ご飯の後、
換気扇の下で一服するのびパパなのだが、
のび太が起きている間は1本も吸わなかった。
(タバコは換気扇の下でのみ吸う事が許されている我が家)


寝る前に換気扇の下で一服していたのびパパに


「のび太ね、くも膜下出血で亡くなったコーチの
 ニュースを見てお父さんの体が心配になったんだって。
 あのニュースを見て「なり易い人」の項目に
 『お父さん、全部当てはまる』って
 目に涙をいっぱい溜めて『止めるようにお願いする』
 って言ってたんだよ」


と、のび太のフォローをしておいた。









それ以来・・・

といってもまだ2日しか経っていませんが、





のびパパ、家では1本もタバコ、吸っていません(笑)





今回ののび太の必死の訴えは
のびパパの心に響いたようです・・・







いつまで続くのか解らないけどね(笑)











| のび太のパパ | コメント(2) |
2007-10-22 (Mon)
とにかく、頭に浮かんできたことを言葉に出したいのび太。

仕入れた情報を、しゃべり言葉に変換して、
放出しないと苦しいらしい。

本屋に連れて行く。

そうすると、帰りの車の中は、しゃべりっぱなし。

でも、正直言って、聞き続ける方としては
はっきり言って、だんだんムカついてくるわけである。


「北条政子って○○年に~~して~~~」

「聖徳太子の小さいころは~~~~~~~~~~~~なんだよ」
(~~~の部分は私の脳で遮断された部分です・・・汗)


んあ~~~~~~~!!!!!

そんなこと、知りたくないっつーの!!!


はじめのうちは「へ~!そうなんだ~」

なんて受け答えしていると、調子に乗って、
どんどん畳み込むようにさっき本屋で得た情報をまくし立てる。

テキトーにボ~っとしつつ「ふ~ん」なんて言ってると

「ねえねえ!ちゃんと聞いてるの?」

なんて叱られる。

いや、なんで?授業中じゃあるまいし!
・・・つうか、勝手にしゃべってるのに、
どうして、聞かなくちゃいけないんだよっ!!!

私は耐えられなくなって

「のび太、お父さんとお母さんは別にそういう話、
 聞きたいと思ってないの。
 『今、○○の話をしてもいい?』って聞いてから
 話をするんだよね?」


と、話をさえぎる。



でも、のび太のパパはたいていの場合、
のび太のこんな話でも聞いてくれるのだ!!!



のび太のパパ・・・つまり、私の旦那・・・

以前にも記事にしましたが(よかったらこちらです)
「オレはADHDだったかもな~」と自分で言うほど、
小さいときは落ち着きなかった(らしい)

確かに、義母の話や通知表の所見を見ると、
かなりのADHDっぽさだ。

そして、現在、「雑学王」なのだ!!!

テレビで最近、「芸能人雑学王決定戦」なんてよくやってるけど、
旦那が芸能人なら、間違いなくチャンピオンだ。

伊○院さんも、お笑いの品○さんも、うちの旦那にはかなわないだろう。


「雑学」関係の本も「誰かに話したくて」読むことがある旦那。

うっかり、

「○○ってなあに?」

なんて聞いちゃったりすると、「待ってました!」と言わんばかりに

「○○ってさ、~~とも言うでしょ、それってね、~~で~~~だからなんだよ。~~~すると~~で~~~~~だからね~。だから~~~で~~~~~かもしれないんだけど~~~って~~だから~~~~~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

長いのだ・・・

私は「○○ってなあに?」の答えは
「△△だよ」の一言の答えを求めているのだが。


そんな、旦那こと「のびパパ」が大大大好きなのび太。

だって、のびパパは のび太の長い長いおしゃべりに
ちゃんともっともらしい相槌を打ってくれて聞いてくれるのだ!

私みたいに、上の空で「ほ~」なんてテキトーに
相槌を打ったりしない。


ケロロ軍曹が大好きなガンプラとであったときのいきさつや、
くれよんしんちゃんのママは3姉妹で、
「まさえ、みさえ、むさえ」という名前であることや、
「魁」の漢字の成り立ちの話を、
ちゃんと面白がって聞いてくれる、やさしいお父さんなのだ。


「似たもの同士」


まさに、二人は「類は友を呼ぶ」・・・で、

「類は子を呼ぶ」かもしれない。


そう。

のび太は母親の私を選んで産まれたのではなく、

「父親を選んで産まれてきた」のかもしれない。


土日だけのびパパと一緒にお風呂に入れるのび太。

お風呂場からもれてくる、
延々としゃべり続けるのび太のでかい声に
時々、「へ~そうなの~?」「ほ~!すごいねえ~!」
の、旦那の声。

楽しげな二人に、ちょっとだけ嫉妬する、
矛盾した複雑な気持ちの母なのです・・・





いつもクリック、ありがとうございます。

クリックが私の原動力・・・
何よりの励みになっています。

今日もポチってしていただくと、うれしいです・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

お暇な方は、「コメント欄」に一言だけでも残してくださると、
もっとうれしいです♪




| のび太のパパ | コメント(0) | TB(0) |
2007-06-06 (Wed)
昨日の記事のつづきです。
初めにそちらから読んでくださいね~



自ら「ADHDかも・・・」と感じている、のびパパ・・・

小さいときはかなり 落ちつきなく、奔放に自由に生きていたのびパパ。

いろいろなイタズラをしてきたらしい。



①4歳上のお兄さんと、公園の女子トイレの汚物入れの中身に引火!

大事には至らなかったが、かなり騒ぎになり、もちろんかなりこっぴどく叱られたらしい・・・

(今だったら新聞沙汰?ですよね!!!)


②立て看板みたいに、道路脇に掲げられた選挙ポスターを、引っこ抜いてボコボコにして、学校に親とともに呼ばれて叱られる・・・

昔は選挙ポスターってあちこちに無造作に張られていたのを覚えていますか?



ほかにも落ちつきなくて、友達に怪我をさせたとか何とかで、
義母は何度か、学校に呼ばれているそうです・・・


のびパパいわく・・・

「しょっちゅう、母ちゃんには物差しで叩かれていたなあ~
ホントに、俺ってよく叱られてたよ~ははは~」




のび太が幼稚園のころ、

「アレ、何?」
「なんて書いてるの?」
「○○ってどういう意味?」

など、質問マシーンだった頃、そんなのび太を見て義母が

「兄ちゃん(のびパパの兄)も のび太くらいの時、
『アレ何?』『どういう意味?』ってバスの中で大声で聞かれて、
 恥ずかしかった~」


と、言っていました。


そんなのびパパのお兄ちゃんは現在、県立高校の数学教師。

「大きくなったら算数の大学に行く」

って、言ってたのび太・・・・・



げげっ!!!近い・・・!!!


年に数回、顔を合わせる のび太と数学教師の義兄・・・

会えば問題出し合って、算数やら漢字やら・・・
あーでもない、こーでもない、と語り合う不思議な空気をかもし出すふたり・・・



隔世遺伝?
いや、おじさんの血だから違うのかな?

やっぱり、じわじわと受け継がれる不思議な遺伝子のイタズラでしょうか・・・



・・・と言うことは、のび太も数学教師・・・?

いやいや・・・言葉の説明ができない、何言ってるかわからない、
そんな数学教師は・・・ムリムリ!!


でも、ちょっと未来に期待を持ったりする事もできる、遺伝説・・・

ホントに不思議だし、おもしろいです。






いつもクリックありがとうございます。

とっても励みになっています。

よかったら今日もお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

| のび太のパパ | コメント(10) | TB(0) |
2007-06-05 (Tue)
私の旦那=のび太の父親は、おもしろキャラです。

このブログをやってることは知ってるのですが

「クリック厳禁!絶対に見るな!!」とくぎを差しているので・・・

勝手に書いていいのか・・・迷ったけど書く!!!


旦那・・・ここでは「のびパパ」としよう~

のびパパと私は高校の同級生です。
2,3年、同じクラスだったらしいが、お互い印象は薄い。
話したこともほとんどない(はず)

私の印象は「頭はいいがいい人っぽいフツーの人」


そんな、のびパパ・・・


結婚するとき義母からあずかった小1から高3までの成績表。

驚いた                       

高校の時、のびパパは成績がよかった。
いつも学年で5番以内の成績だった。

しかし、小学校の成績は「2」「3」しかない学年もある。

それよりも驚いたのは、先生が書く「学習と暮らしの様子」という欄。

「じっと腰を落ち着けているのが苦痛のようで・・・」
「周囲のことに気が散り、集中できず・・・」
「あきやすく無責任な行動をしがち・・・」
「学習用具の使い方が粗雑で忘れ物も多い・・」
「記憶中心の学習は良好ですが、それを文章化したりが苦手で投げやりに・・・」
「友達の言動に左右されやすい・・・」



初めて見たときは「小学校からこんなにきついこと書かれるんだ」
って驚きました。



そして・・・今見ると・・・


まるで、のび太?????


さすがに今の通知票にはここまで辛辣な事は、あののび太でさえも書かれませんが、まるでまるでのび太の事を言われているかのよう・・・


のびパパいわく・・・

「いや~ホントに落ち着きなかったな~叱られてばっかりだったよ~
学校でも家でも・・・ははははは~」


そして、極めつけの自己分析・・・

「俺、ADHDだったかもな~・・・
 あ、治らないんだから『ADHDです』だな~」


・・・・・旦那の名誉のために言っておきますが、
高校生ののびパパも今ののびパパも、
どちらかというと落ち着いて見えるタイプ。

まったくADHDっぽい雰囲気などみじんもなく・・・
いや、正確に言うと、ちょっと片鱗は覗かせてはいますが・・・


ADHDについては、
「だんだん成長とともに落ち着いてくることが多い」って言うくらいだし・・・



小学生の時に騒ぎすぎちゃってエネルギー切れか?



ま、真実の程はわかりませんが、のびパパの成長を見るだけでも
子供ってどう成長するかわかりません。

今の子供の姿だけで、判断できない事ってたくさんあるかも。



・・・と言うわけで、次回は
「のびパパの幼少時代の落ち着きなさの数々」を披露しますね。

こうご期待!!!




いつもクリックありがとうございます。

とっても励みになっています。

よかったら今日もお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
| のび太のパパ | コメント(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。